HOME ▶ サマンサ日記


おいしい色の研究

北村泰久、北村和也、小林直人、隈元政治、内山大輔、小日向直樹   
丸山凱、今井政貴、山崎一吉、山田雄介、土屋次男、長野市立犀陵中学校
寺澤 泰、寺澤幸文、寺澤正直 長野電波技術研究所




(1) はじめに

     我々が生活している中で、いろいろなものを計測して大きさ、重さ、広さなどで表現し記録して、次回の為とか比較の為に使っています。
    ものには単位があり、長さはmm、 cm、 m、 kmなどで使っています。

     ところが、ものには単位のないもの、測れないものもあります。美味しさ、辛さ、幸せ、痛さ、眠さ、楽しさ、頭の良さ、などは単位が無く、
    再現が難しいものがあります。

     ここでは、おいしい色はどんな色かを研究して、色での美味しさは再現できるかどうかを研究してみます。

(2) 研究の方法
     先ず、自分の頭に描いた、おいしい、りんごや柿を描いて見ます。その後、りんごや柿を食べて見て美味しかったか、おいしくなかったかを、描いてみます。描いたものの色を測定して美味しいものと美味しくないものの色の違いを色で判断できるかを、色を測る測定器、色差計で測り記録します。

     次ぎに自分たちが考えている、みんなのおいしい色の平均値を取ってみる。

(3) 結 果 (グラフはクリックすると拡大できます)

    ① 食べないで描いた、おいしい柿の色





    ② 食べて描い柿た、おいしい柿の色





    ③ 食べないで描いた、渋い柿の色





    ④ 食べて描いた、渋い柿の色




(4) まとめ
     色を電気的に計測する方法はあるが、一般には赤、青、緑などの名で呼んでいる。また、赤も、朱、紅などもあり、青、は碧、藍、緑は、碧、翠などの色を表す言葉がある。
     色は見た目で表現するもので、大きさ、重さ、長さ、手触り、食味などでは表すことができないが、美味しいものは味の他にどうやら、おいしい色もあるようです。
     また、この、おいしい色は食べ物によって違いがあり、個人差もあるようで、柿はこの色、りんごはこの色、バナナはこの色などと個々に色の違いがある。
(5)今後の研究
    ・スーパーに置かれている品物はおいしいのか、それともおいしそうなだけなのか確かめる。
    ・本当のおいしい色を探す。

カラーチャート

立体による色見本

試験風景


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg