HOME ▶ サマンサ日記


水を飲むこと

猫が水やミルクなど液体を飲むときは、人間と違い
飲むのではなく、なめると云った方が正確な言い方です。
ですから猫はコップやスプーンなどが無くても飲めます。
人間は立ったり、座ったりして水を飲めますが、
背を起こさないと上手くは飲めません。
猫は下を向いたままの姿勢で飲みます。
今、人間も下を向いたまま、腹這いで水を飲んだり、
仰向けになって水を飲んだりする事を研究している人たちがいます。
コップに入っている水を細めのビニールホースを使って飲んだり、
チューブに入れて押し出しながら飲んだりして実験をしています。
なぜ、こんな研究をしているかというと、起きあがって食事をしたり
水を飲んだりできない、お年寄り、病人、障害者や
宇宙旅行で無重力の環境での飲食を想定しています。
これまでは、体が水平でも口で吸い込むような飲食方法を考えていましたが、
水を凍らせたり、固めたりする方法も考えられています。
氷にして、水分を捕ったり、スイカやりんご、ミカンの様に水分を
たくさん含んでいる食品を食べても水を捕ることになります。
まあ、当たり前のことなのですが、水そのものに片栗粉、小麦粉、
寒天などを使って、固めることで寝た状態でも、
水を飲むことができるように考えています。
ペットボトルに入った従来の水ではなく、
ゼリーのように固まった水を想定しています。
この様にする事で寝たままでも水分補給ができて、
気管に入ってしまうこともなく水分を捕ることが可能なのです。
水を飲むこと、生命を繋ぐこと、いろいろな人や動物が、
いろいろな環境で行っています。
水を飲むという、普通のことなのですが、新しい商品の開発が進んでいます。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg