HOME ▶ サマンサ日記


毎年、発表があります

昨年(2004年)1年間の日本全国での自殺者は3万2325人で、
過去最悪だった一昨年(2003年)より6.1%(2102人)減った、
統計を取り始めた1978年以降、4番目に多く、
7年連続で3万人を超えたと発表がありました。
このうち全体の4割以上を占める
30~50歳代男性(1万3402人)の動機で最も多かったのは借金苦や生活苦だそうです。
景気に明るさが見える一方、所得の二極化が進み、
経済的に追い詰められる働き盛りの男性の姿が浮き彫りになっています。
男女別では男性が2万3272人(一昨年比6.8%減)、
女性が9053人(同4.3%減)で、男性では60歳以上が7015人と
最も多くなっていて、50歳代の6128人、
40歳代の4074人30歳代の3200人と続いている。
遺書があった1万443人の動機を分析すると、病苦などの「健康問題」が4087人で、
負債や生活苦などの「経済・生活問題」が3436人、「家庭問題」が1009人となっている。
また、30歳代、40歳代、50歳代の男性だけに絞って見ると、
最も多かった動機は、いずれも「経済・生活問題」で、
それぞれ382人、702人、1235人となっている。
小中学生の自殺者は80人で、一昨年より14%の減で高校生も9.3%減の204人だった。
一方、インターネットを通じて知り合った人同士の集団自殺も急増し、
昨年は、初めて統計を取った一昨年より21人多い55人であったそうです。
都道府県別では東京が2691人で最も多く、
大阪(1933人)、神奈川(1660人)と続き、最少は徳島の176人だった。
全国の自殺者は78年以降、年間2万~2万5000人台で推移していたが、
98年に前年比35%増の3万2863人と初めて3万人を突破して以降、
3万人台が続いている。
問題を解決するには、割合の多い順に3項目減らすのが統計的解決方法です。
これにより、遺書があった人1万433人の分析から、
健康問題、経済・生活問題、家庭問題の3項目を減らすと、
1万433人-8532人で1901人と少なくなるのですが。
統計学通りには解決しないでしょうね。
世の中には、学問だけでは解決しない問題がたくさんあります。
ではまた、サマンサでした。各社新聞を参考にしました。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg