HOME ▶ サマンサ日記


トキの次の問題

佐渡トキ保護センターで飼育しているトキの繁殖計画について
話し合うトキ増殖技術現地検討会が7月11日、佐渡市で開かれ、
同センターは今年繁殖に取り組んだ7ペアすべてが、
ひなを巣の中で育てる自然育すうに成功したとニュースがありました。
今年は22羽のトキが誕生し、センターのトキは合計80羽となったそうです。
卵のふ化に関しては、今年は4ペアが、ふ卵器ではなく親鳥に卵を温めさせる
自然ふ化に挑戦し、卵が割れてしまうなどして、
成功したのは1ペアだけだったそうですが、
ペアが神経質にならないように、人間から見えない構造のゲージを
使って自然ふ化に取り組む方針をたてているそうです。
この結果、人工的にはトキのDNAを残せそうですが、
自然環境の中での餌場にドジョウや小魚の繁殖もできるかが今後の問題で、
トキを飼育する以前の問題がまだ、解決していません。
また、ニワトリで騒がれている鳥インフルエンザなど伝染病の影響を考えると
距離を隔てた複数の繁殖地や飼育地が必要となっています。
そこで複数の候補地が上がっているそうですが、
観光目的で立候補している市町村が多く、
トキの飼育や繁殖より観光客が欲しい実態も見えてきました。
昭和以前の自然環境下では何処でもトキがいたそうですから
トキの生活環境を奪ったのは間違いなく人間なのです。
今度は、その反省をふまえて、失敗しないように願うばかりです。
トキの学名はニホンニアニッポンでしたよねえ。
そのニホンニアニッポンを中国から借りて、ようやく増やすことができて、
さらに観光化するには、まだまだ、時期的に早いのではないですかねえ。
その前に自然環境の復元など、やらなければいけないことがたくさんあります。
トキまんじゅう、トキせんべい、トキラーメンはもう少し先でも良いのですよ。
ではまた サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg