HOME ▶ サマンサ日記


鮭が捕れたそうです

昔、長野県は鮭の産地だったそうです。
平安時代には富山県、新潟県、長野県は朝廷に鮭を献上し
役人の給料として支給されていたそうです。
千年以上も前から長野県は鮭の産地だったようですし、
たぶん、石器時代も長野県は鮭の産地だったと思います。
明治12年に富山県や新潟県では、
鮭を孵化させ放流をしていたようです。
昭和7年には、千曲川と犀川で鮭や鱒の水揚げが
23000尾以上あったと推定されています。
江戸時代にも長野市周辺で、たくさん鮭が捕れたと書かれています。
松代藩では捕れた鮭に4割の税金をかけていたそうで、
漁師は捕れた鮭の数を正確に報告しなかったようです。
その為、捕れた鮭の数は推定と書かれています。
早い話が、脱税していたようです。
10匹捕れたら4匹を税金で出せと云われたら考えますよねえ。
その上、その4匹は腐らないように、
新巻とか薫製とか加工して献上したと思いますから。
日本の川から遡上する鮭が消えてしまったのは
日本の経済成長が始まった昭和30年代と云うことです。
千曲川や犀川で鮭を捕まえた経験のある人が今も生存しています。
日本の経済成長が進むと共に、
鮭は千曲川や犀川に遡上しなくなったのです。
ダムができたことと、それに伴い
川の水が減ったことが原因とされています。
最近では長野まで遡上してくる鮭は
年に1匹程度で来ない年の方が多くなりました。
1993年~1995年頃には日本の鮭の消費量は年間49万tで、
一匹3.5kgで割ると1億4000万尾ということになります。
日本人、一人で年間1尾食べていることになるそうです。
千曲川や犀川で鮭が捕れたら、今の食生活と違っていたかも知れませんし、
漁業や魚の加工する産業が発達したかも知れません。
鮭と電気を交換してしまったのでしようか。
電気がある生活は捨てられませんが、
身近な川で鮭が捕れた時代も良かったと思うのです。
何年間も、長野県では千曲川に鮭を戻す取り組みをしましたが
戻っては来ませんでした。
ダムに魚道を造り、水量も上げたようですがまだまだ、研究が必要なようです。
失ったものを元に戻すには大変な時間と費用がかかるのです。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg