HOME ▶ サマンサ日記


元気な村の農産物

元気な村には村を元気にしている農産物があります。
農家は米を作っていれば良かった時代がありました。
今、米をだけを作っていても生活が苦しくなりました。
ですが、米は他の作物に比べて機械化が進み、
栽培面積が広ければ採算が採れる商品と考えている村もあり
事実、利益をあげている村もあります。
米を作るための耕作機械は栽培面積が広くても狭くても
その種類や性能にあまり変化がなく、
耕作機械の初期投資金額にあまり変化なく、
同じ物が同じだけ必要のようです。
このため、栽培面積の広い農家は採算が採れる事になります。
一方、栽培面積はそれほど広くなくても、作物を年間2回、3回
栽培できる農産物を作って利益をあげている村もあります。
生産地の気象条件をフルに利用して他の産地との出荷時期を
調整することで利益をあげている村もあります。
さらに、生のままでも食べられますが、ジュース、ジャム、
漬け物などに加工して売れる農産物を
栽培して利益をあげている村もあります。
核家族化が進んで大きな西瓜は売れなくなったそうです。
半分の西瓜が売れた時代もありましたが、今では4分の1になり、
さらに小さくして、三角の西瓜が売れる時代になってきたそうです。
このため、小玉西瓜やメロンの売り上げが増えています。
メロンの産地は元気な村が多いのです。
メロンは一本のつるに、一つのメロンを実らせる方法の
栽培で高価なメロンを栽培しているところと
安くても一本のつるに、たくさん実らせている栽培方法もあります。
気象条件、特に冬季に温暖な気象の場所では、
一本のつるに一つの栽培方法をとっています。
暖かくても暖房費がかかる時期に栽培しますので、
高値で売れる商品を栽培しています。
一方、暖房費がかからない時期に栽培している村では
安くても大量に売れるシーズンに会わせて栽培している村もあります。
いちごは何時でもベストセラーの果物で、
この頃では季節感は無くなりました。
梅で村が元気になっている村もありますし、
レタス、キャベツ、白菜を栽培して元気な村もあります。
セロリだけを栽培して生のまま販売したり、
セロリの加工食品を作って元気な村もあります。
元気な村は普通に食べている野菜や果物の出荷時期を調整したり、
加工して、より高い評価の商品を作っています。
アイデアをたくさん出している村が元気なようです。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg