HOME ▶ サマンサ日記


0.01秒の世界

美容業界では、お腹や太股の部分やせが可能なようです。
お腹をへこませてスッキリしたり、
太股もスラッとした足にすることを、
望んでいる人がたくさんいるようです。
まあ、美しいのと、そうでないのと、どちらが良いかと云えば
美しい方が良いに決まっています。
先週、ふたりの元オリンピック選手の講演を聞く機会がありました。
元と書きましたが、一人は引退していないので
現役のスキージャンプ競技の選手ということになります。
もう一人はオリンピックで4位になった水泳の選手の方でした。
4位と3位ではメダルになるか、ならないかの違いがありますが、
時間で云うと3位との差は0.03秒遅れだったそうです。
この0.03秒を短縮するには、水の中で体の抵抗を少なくするために
体の出ている部分を、筋力を落とすことなく、やせるのだそうです。 
流体力学という科学に基づいて、水の抵抗が少なくい体を創るのだそうです。
さらに、試合直前には、頭髪も剃り落とし、全身の体毛も剃り落とすそうです。
特に背中の体毛は仲間の選手にお願いして剃るのだそうです。
また、手足の爪は水を掻くときに有利なため伸ばしているそうですが、
長くなりすぎると折れるそうで、男も女の選手も、
マニキュアを塗って爪をだいじにしているそうです。
長すぎず短すぎず、競技に一番良い爪の長さがあるそうです。
オリンピックでの3位、4位は長い時間を掛けて
科学的に試合に臨んだ結果の順位で、
次ぎに試合に出るかどうかは、体力的にも
精神的にも数ヶ月の時間が必要だそうです。
また、スキーのジャンプも科学的におこなわれていて、
ジャンプしてから空中に留まり、より遠くまで飛ぶためには、
ジャンプ台で如何にスピードを出すかが問題で、
雪の温度、雪の質などで約30種類のワックスの中から現場で選ぶそうです。
70mとか100mの距離を飛ぶのに対し、5cmとか10cmの調整をするそうです。
もちろん、風向きなど気象条件も頭に入れて競技に臨むそうです。
0.01秒や100mに対しての5cm、10cmを何年も掛けて挑戦している人がいます。
ではまた、サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg