HOME ▶ サマンサ日記


世界が待ちきれなくなってきました

ガソリンの価格が1円、2円とジリジリ上がり、2割も上がりました。
燃料電池による車の開発が、半年とか1年とかと云われて待っていたのですが、
ガソリンの急騰で待ちきれなくなってきました。
取りあえず、エンジンとモーターを組み合わせた
ハイブリット車を購入する動きが世界中に表れてきました。
ハイブリット車が今よりコストが下がれば
100万台市場にもなりそうな勢いが見えています。
エンジンとモーターを併用して走ることで、
燃費と排ガス量を軽減したハイブリッド車の存在感が増しています。
トヨタ自動車が世界で初めてプリウスで実用化して以来、
これまで見向きもしなかった欧米の主要車メーカーも、
原油価格の急騰に対応する必要に迫られるとともに、
環境負荷軽減をアピールするため、
相次いで連合を組んで開発に名乗りを上げています。
日本が発信した環境対応技術が世界標準となって、
世界的な自動車市場の商品開発の流れを変えようとしています。
一方多くの消費者は、将来のエネルギー源を脱化石燃料と位置づけ、
主に燃料電池車の開発を重点に置いてきた欧米車メーカーは
これまで、ハイブリッド車は燃料電池車までの、つなぎの車、とし、
積極的な商品開発を進めてこなかったのですが、
最近の原油価格の急騰によるガソリン価格の高止まりに対応した
低燃費対策や、地球温暖化対策として
二酸化炭素など有害な排ガス量削減が急務となってきました。
また、電力分野でも低燃費対策と地球温暖化対策は避けられなくなってきました。
火力発電も原油急騰のあおりを受けていますし、
原子力発電も危険性がまだまだ、拭えていない部分があり、
太陽電池、燃料電池などの開発が急がれています。
発電機の分野でも産業用、家庭用発電機を開発し電力会社との
価格競争にも参入できると考えている会社も現れてきました。
今の1/10くらいの価格で発電できたら発電機も家庭用、会社用、
産業用として売れる可能性がでてきました。
ガスや灯油による給湯器くらいの大きさで故障が少なく、
なにより低燃費で温暖化対策の施された発電機が発売される可能性があります。
またまた、日本の出番ですよ。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg