HOME ▶ サマンサ日記


ヤブ医者の先生は罰金を用意した方が良いですよ

お医者さんは最新の医療技術を勉強していないと訴えられてしまいます。
交通事故で入院した長野県佐久市の男性(当時49)が死亡したのは
病院側が検査を怠ったためとして、
男性の遺族が病院を運営する長野県厚生農業協同組合連合会に
約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、
長野地裁は9月30日、約9100万円の支払いを命じました。
判決理由で辻次郎裁判長は、
医師らは胸部エックス線検査の結果から横隔膜破裂を疑い、
確定診断のためCT検査をするべきだった、としています。
判決によると、男性は1998年11月、長野県小諸市内で車を運転中、
電柱に衝突、同市内の小諸厚生総合病院に入院したが、
約1カ月後、横隔膜破裂などで死亡しました。
病院側は男性がCT検査を拒否したと主張しましたが、
辻裁判長は、検査の必要性を十分患者や家族に説明しなかった、と退けました。
ウチの近くでは相変わらず、聴診器だけの先生もいらっしゃいます。
自分の手に負えない患者さんには、お医者さんの先生、自ら
救急車を呼んでくれますから安心と云えば安心なのです。
人の命を左右するお医者さんは、常に新しい医療の勉強が必要ですし、
医療を支援する医療機器の設置も絶対条件のようです。
その点、学校の先生は教え方が多少悪くても
訴訟になりませんから気楽な職業なんでしょうか。
近い将来、ウチの子供が就職できないのは小学校、中学校、
高校の先生の教え方が悪かった、などと訴訟が起きる可能性があります。
ウチの子がニートになったのは小学校、中学校、高校の先生の責任、
と云うことで、子供が一生の間に得られただろう収入、
3億円の支払い命令が来るかも知れません。
でも、大学の先生は大丈夫です、
教えるのは子供ではなく、分別のある大人になっていますからね、だぶん。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category