HOME ▶ サマンサ日記


経営学部に行って見ては

大学も学生が集まらないと経営が成り立ちません。
大学を創るには、学生が集まる学部や
学生が集まれる場所にあることも重要なことです。
数年前までは、どこにでも大学や短期大学を創れば
学生が集まってくるような錯覚があったようです。
大幅な定員割れにより、経営不振で民事再生手続きを進めている
山口県萩市の萩国際大学は10月11日、
再生計画案を東京地方裁判所に提出するそうです。
萩国際大学を支援する広島市の建築総合コンサルタント会社は
教育内容を社会福祉系中心に替えてケアマネジャーなどを
育成していく方針に切り換えるそうです。
定員は一学年200~300人を予定し、
既存学部の改変や校名の変更も検討しているということです。
萩国際大学は山口県と萩市が計40億円を補助し、
1999年に開学した4年制の私立大学で、
一学年の定員300人に対し、入学者は昨年度が22人、
本年度が42人だったそうです。
約37億円の負債を抱え今年6月、
定員割れによる経営難が原因で
大学では初めて民事再生法適用を申請していました。
確かに、人間が人間のお世話をする、
社会福祉関係の人員は不足していますが、
すでに各大学や専門学校でも
社会福祉学部や看護、介護などの学部を数年前から
開講したり増設したりしています。
また、海外からの看護師さんや介護師さんの導入も話題になっています。
萩国際大学の経営不振は氷山の一角で、
少子化により、多くの大学や高校、専門学校が経営不振に追い込まれています。
そんな意味で、萩国際大学の再生案は、ちょっと遅れている感じがします。
萩国際大学の社会福祉関係学部の開講前に他の大学の経営学部に
関係者を送り込んで、受講されては如何ですか。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg