HOME ▶ サマンサ日記


次世代が見えます

最近、地球上どこでも、人工衛星からの画像が見えるようになりました。
といっても夜の部分は暗くて見えませんし、
雨や曇りの日もありますから、リアルタイムとまではいきませんが。
3年前は100㎡程度のものが認識できましたが、
現在は、1㎡のものが見えるようになり、10㎡程度のものは
形はもちろん色や動きまで確認できるようになってきました。
今、外国に行く場合は何日の何時何分に
どの建物の角にいますから、
見てくださいなどと云うことが可能になってきました。
もちろん、明日、何時何分に国会議事堂の正門前に立っていますので、
確認してください、などと云うことができるようになっています。
家にあるコンピーターでこんなことが見える時代になりました。
先日、銀行のATMに隠しカメラが設置された事件がありましたが、
最近の科学技術の進化を知らない金融機関が多いようです。
隠しカメラをATMに設置し、IDや口座番号などを盗み取ることで、
個人情報犯罪を招くことは当然ありうることです。
個人はともかく、金融の専門家である銀行は
犯罪につながる科学技術をも勉強する必要がでてきました。
科学技術を勉強しない金融機関は将来、伸びる産業や企業に、
健全な貸し付けができるとは思えません。
聞くところによると、金融機関各社は高金利で貸し付けでき、
リスクの少ない小額の個人向け貸し付けに力を入れているそうです。
これは、低金利で高額なお金を1社に貸し付けるより、
高金利で小額のお金を、たくさんの人に貸し付けする方が
利益が取れて、リスクが少ないと云うことです。
最近は、コンビニエンスストアーに、ATMを設置することで、
お金の振り込みや受け取りの外、
ついでに、他の商品を買って頂けるようにする金融機関も増えてきています。
今までの金融機関は、振り込み手数料やお金を貸し付けて、
その金利を頂くことで利益を出していましたが、
コンビニエンスストアーに設置されたATMは従来の考え方に
留まらずコンビニエンスストアーのお客さんを増やしています。
安全でよりリスクの少ないところに貸し付けするのは当然のことですが、
お客さんを呼ぶことで利益を上げるATMが設置されはじめました。
金融機関も先を読む力が無いと生き残れなくなってきました。
さらに、金融機関は、毎日、進化している科学技術や
次世代の技術にも注目することが必要となっています。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg