HOME ▶ サマンサ日記


紅葉は遅く、桜が早く

またまた、季節とお天気の話しで失礼致します。
それに、またまた、気象庁と共同通信のネタを使わせて頂きます。
これって、著作法違反でしたら済みません。
紅葉のはじまりを長期的に見ると、
50年前に比較してカエデの紅葉は15.6日、
イチョウの黄葉は10.7日遅くなっていることが、
気象庁がまとめた生物季節観測で9日、分かったそうです。
逆に春は、サクラの開花が、4.2日、早まっており、
気象庁は、地球温暖化で長期的に
気温が上昇していることが影響している、と説明しています。
今後さらに温暖化が進むと、
日本人の季節感にも影響を与えるようになるでしょうねえ。
春はサクラのほか、ツバキが9.4日、タンポポは6.0日開花時期が早まり、
夏に咲く、サルスベリは5.8日、早まっているそうです。
サクラに関して、東京、名古屋、大阪など
全国の大都市6地点と中小都市の平均値を比較したところ、
中小都市の2.8日に比べ、大都市は6.1日と
開花時期が早まる傾向が顕著に現れていて、
ヒートアイランド現象など都市化による
気温の上昇が与えている影響の一つ、と分析しているそうです。
確かに人が集まるところは暖かいですよねぇ。
ですから、昔と違って、我々猫も人間の集まるところに、
集中して、住んでいた方が何かと住みやすいのです。
これも、地球温暖化の影響でしょうか、我々猫の鯉、故意、濃い、
いやいや、恋の季節も早まっているようです。
人々は昔、村の中で咲く桜を、米作りのスタートのサインに使っていましたし、
紅葉を米の収穫のサインに使っていたのですが、
紅葉が遅くなり、桜が早く咲くとなると云うことは
50年後、100年後には、二期作もできるようになるのでしょうか。
はなさかじいさんも出動が早まる事になります。
人間は偉いですねえ、季節を早めたり、遅くしたりもできるようです。
偉いとは、とんでもない、と云う意味もあります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg