HOME ▶ サマンサ日記


共通のルールをお願いします

この時期、あちらこちらの人里に、ニホンザルが出没しているそうです。
群れで農作物を食い荒らしたり、人を威嚇したりして、
深刻化する、猿害に頭を痛めているそうです。
長野県でも、猿害は珍しくないのです。
犬を使って猿を追い払う実験をしているところもあります。
ロケット花火などで追い払おうとしても、猿たちは一向にお構いなしで、
トウモロコシや庭先のイチジクや柿をしっかりと口にくわえ、
次の獲物を狙って素早く移動して行きます。
また、熊の被害も昨年同様にでていますし、
イノシシの被害もあったと聞こえてきます。
イノシシによる農作物被害に長年悩まされてきた
京都市では総延長550メートルにもなる
イノシシ防護柵を合同で設置したそうです。
柵は山際に張られており、
人とイノシシとの境界線になれば、と期待しているそうです。
今年、農地と山林の境界を設置ラインに決めたあと、
柵の取り付けを始め、イノシシが網の目を広げたり、
めくったりできないようにした針金のフェンスを使い、
フェンスの下部は地面に鉄の杭で打ちつけたそうです。
神戸では野生化したアライグマが急増し、
農作物を食い荒らすなどの被害が出ているそうです。
昨年の農林業の被害総額は兵庫県全体で約1500万円にのぼったそうです。
アライグマはペットとして飼われていたものが逃げ出したか、
野外に放され、繁殖したものとみられ、
昨年は兵庫県全体で99匹を捕獲、うち神戸市内は63匹にのぼったそうです。
懸命の捕獲が続けられているそうですが、
年に4、5匹出産する繁殖ペースに追いつかず、対応に頭を悩ませているそうです。
アライグマは北米原産で、環境省は今年6月に外来生物法を施行し、
アライグマは特定外来生物に指定されました。
このため、輸入や販売、飼育が原則的に禁止されている上、
野外に放すことも禁じられています。
国対国、地域対地域、民族対民族、人間対人間でも争いが後を絶たないのですが、
種類の違う動物同士では、なおのこと、ルールを合わせることは難しいですよね。
ここは、知能の点では優れている人間に、解決方法をお願い致します。
人間だけに良いルールでは、他の動物は生きていけなくなりますし、
反発を繰り返すことにもなります。
是非、良いアイデアをお願い致します。
ではまた、人間と仲良しにしている、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg