HOME ▶ サマンサ日記


医療費に差があります

政府では医療費の赤字が嵩み、段階的な引き上げを考えているようです。
医療費は地域、市町村によって大きな差があります。
正確に調べてありませんが、1人あたり、
年間40万円くらいの村もあるそうですし、
100万円くらいかかっている、地域もあるそうです。
入院したり病院に行くほどの病気やケガには、人によって差があります。
痛さや病状は人により、まちまちで、正確なものさしや単位がないのです。
血液検査など検査によって一般的な症状を判断しているようですが、
この数値以上、この数値以下だと、病気です、と云う
明確なものではないようです。
地域によっては地域の人同士が、お互いに挨拶し、声をかけるだけで、
入院患者数が減っている地域があります。
人に会いたい、人と話したいから病院に行く人や、入院する人もいるそうです。
また、入院する理由に、冬になると農作業がないから、
冬になると一人暮らしは寒いから、遠く離れている家族が心配するので、
などと云うお年寄りもいるそうです。
お医者さんによると、この様な人も立派な病人だと云っていました。
立派な病人と、立派でない病人がいるかどうかは知りませんが、
最近は精神的な、心の病気も多くなっているそうです。
某村の診療所では、午前中に診療をおこない、
午後は看護師さんと村をまわって歩くお医者さんがいるそうです。
その村では入院患者が非常に少ないと云うことです。
お医者さんや看護師さんの顔を見たり、会話するだけで健康になれるそうです。
このお医者さん、私じゃなくて白衣がお年寄りに効くみたいです、と話していました。
医療費はもっと単純な方法で減るようです。
私の場合は、らくだの股引を早く着ることと、早く寝ることが体に良いようです。
同じことを消防団の団員も云っていました。
消防団は消防の制服や消防のはっぴを着て、
村や町を歩くだけで火災が少なくなるそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、我々猫は、寒くなると表面積を減らして、
体温が失われることを防いでいます。
ですから、丸くなって寝てるんですよ。
皆さんは猫背と馬鹿にしますが、実は省エネの基本なのです。
寒いときは、頭をお腹に付けて、まるくなって寝ましょう。
うん、今日は、ずいぶん科学的。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg