HOME ▶ サマンサ日記


寝ているだけですか

初めてクマの冬眠を、カメラを通じて公開し、
話題を呼んだ上野動物園では、今年の冬も、のぞき窓ごしに
冬眠中のクマを公開する計画が進められているそうです。
最近、動物を見せることを生態展示とか行動展示などとも云われます。
冬眠中、クマの体温や心拍数を計測できる装置を埋め込み、
生態解明をするそうです。
医学的、気象学的に、どのような仕組みで冬眠するのかが知りたいのです。
冬眠する前に、たくさん食べて体重を増やすそうですが、
春になって冬眠から覚めたときには何㎏減るのでしょうか。
太めの人は冬の間に冬眠して、目が覚めたら
スッキリした体型になることはできないものでしょうか。
冬眠の科学が人間にも応用できると、手術の時にも使えそうですし、
体重を減らす方法も何かよい方法がありそうです。
また、クマは冬眠中に出産し子育てをするようです。
昨年は、クマの冬眠が遅れたそうですが、
冬眠できるほど食糧がなかったのでしょうか、
またまた、温暖化の影響だったのでしょうか。
動物園のクマは冬眠しませんが、食べ物が十分にあると冬眠しないのでしょうか
冬眠できる場所や部屋が無かったのでしょうか。
それとも、騒音が気になり、ゆっくり冬眠できなかったのでしょうか。
今年は防音、遮光対策を備えて完璧な環境で再開するそうです。
今年、冬眠に入るのは、ニホンツキノワグマのメス2歳で
すでに食事量が増やされ、体重も70㎏に迫り、
冬眠する条件が整いつつあるそうです。
順調に進むと、11月中旬ごろには、
冬眠する部屋の室温を-5℃ぐらいまで徐々に下げて、
12月中には冬眠に入るそうです。
通常、自然界では、クマの冬眠中の姿は見られないそうですが、
昨年も一昨年も食糧不足などから人里に降りてきて、
畑や民家を荒らす事態が多発し、問題視されているクマですが、
クマと仲良くするためにも、また、人間が宇宙旅行する時にも
大手術の時などにも応用できる研究も進められています。
冬眠する、餌の量とか気象状況、体温や脈拍など詳しく知りたいことがあります。
また、寝ているのと何がちがうのかも知りたいですねえ。
我々は、クマの冬眠中は近くで物音を立てずに、静かにして協力しましょう。
クマは冬眠中に出産するとされていますが、
出産や子育ても実態が分かっていないそうです。
今後は冬眠中のクマの出産、子育ても公開されると思います。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、猫はコタツの中で冬を過ごしますが、出産は春になってからです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg