HOME ▶ サマンサ日記


人間は、ただただ、長生きしていても喜ぶことができません

医療費が上がり、保険料が上がり、税金が上がり、
ガソリンが上がり、灯油が上がり、高齢者にとっても、
若者にとっても、生活しにくくなっているようです。
このような社会を創りあげてきたことが、間違いだったのでしょうか。
将来を見通す方法や能力が足りなかったのでしょうか。
イギリスのバンゴー大学の研究チームが、アイスランド沖の大西洋の海底から、
400年以上、生きた2枚貝を発見したそうです。
これまでに見つかった最長寿の動物の可能性があるということです。
日本では、400年前と云えば、1600年ですから関ヶ原の合戦があった年です。
400年の長寿は、樹木だと結構あるようですが、動物では聞いたことがありません。
人間も長生きになりましたが、120歳くらいが一番、長生きのようです。
現在、日本では100歳以上の人が、3万人以上いるそうですから、
100歳では驚くほど長寿ではありません。
漫談ではありませんが、長生きしていると、息をすることを忘れ、
ご飯を食べることも、忘れてしまうことはないのでしょうか。
400歳の長寿だと、生きていた間の、地球の気候変動や
環境変化を研究するのには、それこそ、生きた証言者なのです。
イギリスの研究チームによると、二枚貝の大きさは約8.6㎝で、
重さ約52gで、昨年、気候変動調査に伴って引き揚げられたそうです。
貝殻には、木の年輪のように1年ごとに層ができるため、
研究チームが層を数えたところ、年齢は405~410年だったそうです。
残念ですが、引き揚げた時点では生きていたそうですが、
年齢を調べる作業中に死んでしまったそうです。
他に生きている同種の貝はいるのでしょうか、心配ですが、
科学的貢献度はすごいものを感じます。
ともかく、400年の歴史が生きているのです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、400年後、貴方が今、存在していたことを示すものが残せますか。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category