HOME ▶ サマンサ日記


善光寺さんのお客さん

森の会議室に往くときに、善光寺さんの横を通ります。
長野市の中心ですが、普段、混むことはありません。
ですが、連休には1㎞、2㎞と数珠繋ぎになります。
まあ、善光寺さんのお客さんでことですから、
混んだときは、地元の人も、お客さんも我慢している様です。
森の会議室に往くには、外にも道がありますが、
ここは、ちょっと急な坂道ですがもっとも近道なのです。
この連休にも、善光寺さんには、たくさんのお客さんがいらっしゃいました。
人目を引いたのは、七五三の着飾った子供達とその家族のお客さんでした。
七五三のお客さんは、両親と二組の祖父母から、
お祝いされているようで、衣装にもお金がかかっているようです。
まして、少子化ですから、両親や二組の祖父母の
財布の紐も緩んでしまいます。
また、観光目的のお客さんが、ほとんどなのですが、
戦没者の慰霊のために善光寺を訪れる、お年寄りも多いのです。
日の丸に、たくさんの人の名前が墨で書かれた籏を中心に、
幾つかの集まりがあり、拡声器で
あいさつをしている団体を時々見ます。
お客さんを案内した時に、
人混みの中で聞いた、あいさつによると、
160人いた仲間が、現在28人になり、寝込んでいる仲間が4名いて、
本日の出席者は22名とのことです。
160人いた仲間とは、戦争で亡くなった方も含まれていたのでしょうか、
終戦から60年、まだまだ、戦争を終えられない人々がいます。
今、教科書問題で話題になっていますが、
戦争は被害者になった場合だけでなく、
生きて帰国した人たちの中には、加害者になっていた場合も考えられ、
妻にも子にも話せない荷物を背負っている人も多いようです。
善光寺で、戦没者の慰霊に集まった人々の戦争はまだ、終わらないようです。
戦争とは長い間、人を悩ませるもののようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg