HOME ▶ サマンサ日記


最近の梅干しの事情

日本から中国へ優良な梅の苗を持っていったそうです。
その梅が中国で栽培され、日本に梅干しになって輸入されています。
最近、中国産食品の安全性が問題視され、
国産食品が見直されるなか、日本一の梅の産地として知られる、
和歌山県で、特産の紀州南高梅が、
これまで安価な中国産に押され売れゆきが悪く、
消費者も中国産の安値の梅干しに慣れてしまったためか、
売れているのは、南高梅の中でも、すそものと呼ばれる
比較的安い、低級品ばかりが売れているそうです。
これが、紀州の梅と思われても困る、と地元では頭を痛めているそうです。
南高梅は大きさや傷や斑点の有無などによって
最上級品のAからB、C、また、その他の4等級に分類されているそうです。
当然ですが、価格はAが高く等級が下がるにつれて安くなるのです。
A製品は生産量の半分くらいで、
実際に売れているのは、Cやその他に分類される低級品とのことです。
その他の梅は果肉が堅かったり、皮が破れたりしたもので、
農家が出荷する価格は10㎏1000円から1500円とのことです。
これら、その他の商品は、梅干しではなく、
果肉を利用する加工用に使われているそうです。
安価な梅しか売れない背景にはここ数年、
安い中国産農産物が大量に輸入されてきたことが原因とのことです。
ところが、中国産は2年連続の不作に加え、日本の食に対する安全意識が高まり、
国産品の需要が高まっているそうですが、
C級以下の商品は、最上級のA級2Lサイズの出荷価格は10㎏7000円
に対して4分の1以下の価格と云うことで、
売れてもほとんど利益が出ないそうです。
ウチでも梅干しを自家用に作っていますが、選果しないで大小一緒に
漬けていますので、大きいおにぎりには大粒の梅を入れて、
小さいおにぎりには、小さい梅を入れています。
そうです、ウチのおにぎりには種があります。
一方、りんごもA級品の価格は、10㎏7000円とか8000円もするのですが、
この最上級品は全収穫量の10%から15%しか無いのです。
このため、10㎏、2500円とか3500円のB級C級品を
上手に売りさばかないと利益は無いのです。
農産物もただただ、作るだけでは生活ができないようです。
まあ、農業だけでなく、工業製品も同じことが云えます。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg