HOME ▶ サマンサ日記


電気スタンドが必要になります

ホンダは、ハイブリッドの二輪車の販売を計画しているそうです。
まあ、ハイブリットの二輪車が売れるかどうかは分かりませんが、
実現すれば、二輪では始めてとのことです。
この計画は、2010年までの計画と云うことですが、続いて、
2011年までに、小型の電動二輪車を発売する計画もあるそうです。
四輪車で培った、ハイブリッドや電池技術を二輪車にも応用して、
ガソリン高騰や地球温暖化に対応する狙いとのことです。
このような場合、我々、消費者はもう1年間待って、
電動二輪車の購入計画を立てますが、皆さんは如何ですか。
ハイブリッド車は、四輪車で実用化が進んでいますが、
エンジンの他、モーターや電池も搭載することになり、
スペースや重量に限りがある二輪車では、開発が難しいとされています。
ホンダは今、四輪車でも、ハイブリッド車の小型化を進めており、
応用は可能と判断したようです。
計画では、排気量200cc~1000ccの大型バイクの開発を進めているそうですが、
燃費は同等性能のガソリン車より、50%程度、向上する見通しとのことです。
ですが、価格は現状のガソリン車より、数十万円高くなるそうですが、
ハイブリッド四輪車と部品を共通化するなどしてコスト削減を図るそうです。
また、電動二輪車は商用バイク、排気量50cc~125ccの後継車種や
スクーターとして投入する方針とのことで、
1回の充電で走行できる距離は30㎞程度とガソリン車の半分程度とのことですが、
燃費はガソリン車での数分の1となるそうです。
確かに、大型バイクのファンはいますが、実用価値から考えると、
当然、50ccのバイクの方が数は売れると思います。
エンジンの50ccのバイクは、価格面では中国産にかなわないそうですから、
外国産の小型バイクとの競争を見込んでの開発と云うことのようです。
ところで、電動小型二輪車と云えば、電動自転車と何処が違うのでしょうか。
これからは、街角や喫茶店などに、
小型二輪車が充電できる電気スタンドを設けると良いと思います。
一回100円で、1時間くらいの充電時間で30㎞走ると嬉しいです。
充電が完了するまでの、一時間の暇つぶしができる場所も必要になり、
充電は100円でも、ドライバーのコーヒーは300円くらいかかりますから、
総合的には、ガソリン車より費用がかかりそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg