HOME ▶ サマンサ日記


八百長と云う言葉があります

ウキィペディアによると、
八百長は、明治時代の八百屋の店主、長兵衛に由来するといわれる。
八百屋の長兵衛は通称、八百長で、大相撲の年寄、伊勢ノ海五太夫と囲碁仲間であった。囲碁の実力は長兵衛の方が上だったが、八百屋の商品を買ってもらう商売上の打算から、
わざと負けたりして伊勢ノ海五太夫のご機嫌をとっていた。
ところがその後、回向院近くの碁会所開きの来賓として招かれていた、本因坊秀元、と
互角の勝負をしたため、周囲に長兵衛の本当の実力が知れわたり、
以来、真剣に争っているように見せながら、
事前に示し合わせた通りに勝負をつけることを、八百長と呼ばれるようになった。
相撲界の隠語では、注射とも云うそうで、対戦者の一方のみが敗退行為を行う場合は
片八百長と呼ばれることがあるそうです。
このことから、勝負ごと以外でも事前に示し合わせた上で
馴れ合いに物事を運ぶことを八百長と云うそうです。
とにかく、八百長と云う言葉は相撲界から生まれてきたようです。
八百長と云う言葉が、あると云うことは、相撲界では八百長が存在しているのでしょうか。
確かに、土俵の上では、二人だけの取り組みですから、八百長がやりやすいことは、
確かですが、本当に八百長をやったかどうかは調べようがありません。
もし、八百長があるとしても、口約束で現金払いをすると思いますので、
契約書とか、銀行振り込みとか、領収書などは使わないと思いますので、
すべてを、公にすることなく、闇の中で行うことができそうです。
さらに、土俵の上に登ってから、立ち会いで、四つに組んだ瞬間にも、
耳元で八百長の依頼ができると思います。
そんなわけで、アンケート調査では、
相撲界で八百長があると思っている人は、80%に及ぶそうです。
どうしたら、八百長ではないと認めてもらえるでしょうか。
力士は俳優ではありませんから、力士の下手な芝居は見たくないものです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg