HOME ▶ サマンサ日記


私立学校は勉強が足らない

定員割れの大学が増えていることは、以前にも書きました。
定員割れは、少子化の影響とのことですが、少子化と言っても、
大学を受験する生徒さんは、少なくても17年とか18年前に生まれているのですから、
突然、受験生が減って定員割れになっていることはありません。
定員割れと大騒ぎしている大学は、20年以前から、今の状況を想定できたのです。
私立大学の定員割れは全体の47.1%に達し、過去最悪の事態とのことですが、
誰が考えても、定員割れは、前々から分かっていたことなのですが、
私立大学の経営者が知らなかったとは思えません。
文部科学省では大学や短期大学の統合や再編を視野に入れて、
本格的な議論に入ったと伝えられていますが、要は定員を減らせば、
良いことで何もしないで、このままの状態を継続していくと、
定員割れで経営が悪化した大学から、なくなっていくことになります。
日本私立学校振興、共済事業団が7月末に発表した、私立大学の入学状況調査では、
私立大学の定員割れが昨年に比べて7.4%増えて47.1%、266校になったということです。
少子化に加え規制緩和による大学の数の増加も原因と言われていますが、
大学の新設、増設を許可した文部科学省に責任があるとは思えません。
日本私立学校振興、共済事業団が、2008年1月にまとめた私立大学の経営状況調査では、
521の大学法人のうち64法人が、経営困難状態と判定され、9法人は、
何時、つぶれてもおかしくない状態という結果がでています。
大学の数は1990年の507校でしたが、現在、227校増えて734校になっているそうです。
まだ、統計的な数値では発表されていませんが、
私立高校でも、たくさんの高校が経営不振に陥っているようです。
いくつかの私立高校では、卒業生や保護者に寄附をお願いする手紙を
毎年送っているそうですが、10年前には数億円の寄附が集まったそうですが、
昨年、今年と数百万円しか集まらなくなったと嘆いています。
私立大学も私立高校も内容を良くして、生徒さんが集まってくるような、
方法は考えられないものでしょうか。
お金が足りなければ、卒業生に寄附を求めることしか脳にないようです。
またまた、困った先生です。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、甲子園に行く時は、寄附しますので頑張ってください。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg