HOME ▶ サマンサ日記


太陽光発電所も実用化時代に入るようです

東京電力から、川崎市と協力し東京湾臨海部に国内最大級となる、
出力2万kwの太陽光発電所を建設すると発表がありました。
2009年度着工、2011年度運転開始の予定で川崎市が一部土地を提供し、
東京電力が建設、運転するそうです。
計画では、川崎市が所有する東京湾臨海部の廃棄物埋め立て処分地に、
出力7000kw、東京電力が所有する土地に
1万3000kwの太陽光発電所をそれぞれ設置するそうです。
投資額は未定とのことですが、関西電力が堺市で計画している、1万kwの
太陽光発電所の建設事業では総事業費50億円を見込んでいることから、
東京電力の事業は100億円規模の投資額と見られるそうです。
新潟県中越沖地震の影響を受けて運転を停止している、
柏崎刈羽原子力発電所の7基の合計出力は、821万2000kwですが、
7基の内で最初、1985年に運転を開始した、1号機は110万kwです。
川崎市に計画している、太陽光発電所の55倍の出力と言うことになります。
55倍と言っても太陽光発電所ですから、原子力発電所に比べたら安全なものです。
後は、55倍の土地を確保するとか、太陽光パネルの性能が上がることに期待しましょう。
また、太陽光発電所は太陽光パネルに、直射日光が必要ですから屋上などを利用して、
発電しますが2階建てでも、20階建てでも、屋上に太陽光発電パネルを
設置すれば、下の階は他の用途に使えますから、土地の利用もアイデア次第です。
それに、送電距離が短くなりますので、鉄塔や高圧電線も極端に減りますし、
送電装置の維持管理も簡単になり、送電ロスも減ります。
ところで、原子力発電の機材や設置費用は幾らでしたか、
太陽光発電所と比較見たくなりました。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、我々が住んでいる、長野市田舎では、土地が安いので、
今後は、太陽光発電所を設置するための土地を確保したいと思います。
山林で、3.3㎡、10円とか100円で住宅に併設している所もあります。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg