HOME ▶ サマンサ日記


メイド・イン・ジャパンの信頼性

将来は、親は子供を生むだけで、子供が育つようになりそうですし、
出産も代理の母親に頼んだりすることになるのでしょうか。
政府は、少子化対策の一環として、病院に分娩費用を直接支払わずに、
公的負担で出産できる制度を来年度から導入する方針を固めたそうです。
費用を心配せず、出産しやすい環境を整えるのが目的とのことです。
これには、出産費用を病院に支払わない親が増えていることから、
医療機関の未収金対策としての狙いもあるそうで、政府は通常国会に
関連法案を提出して、来年、夏以降の実施を目指すそうです。
現在は、親が医療機関に出産費用を支払い、出産後に健康保険組合など、
公的医療保険から出産育児一時金が親に支給されることになっています。
また、東京都など都会では、田舎に比べると出産費用が高額になっているそうで、
出産育児一時金と実際の費用との差額の負担が生じているそうです。
このため、都道府県ごとに標準的な金額を定めて差額分を
公費で上乗せして支給することになるそうです。
この出産費用を来年度の予算案に約500億円を上乗せする方向で調整しているそうです。
さらに、妊婦や胎児の健康状態をチェックする、妊婦健診の無料化方針も固めたそうです。
で、次は養育手当に、小学校、中学校は無料だから良いとして、
高校と大学の費用を無料化して頂けると少子化対策は完璧です。
そうそう、就職も国が面倒見てくれると、さらに、親も子供も何もすることもなく、
一生を送れそうですが、そんなことにはなりませんよねぇ。
あまり、少子化にこだわると人間の品質低下に繋がりそうで、ちょっと心配です。
メイド・イン・ジャパン、大丈夫でしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category