HOME ▶ サマンサ日記


お坊さんからも口止めされていましたが

京都府木津川市の浄瑠璃寺や奈良県葛城市の当麻寺で、
アライグマが国宝や重要文化財を傷つけるなどの被害が
続出していることが分かったそうです。
驚いたことに、京都府内の8割の寺社でアライグマの痕跡が
確認されたとの調査結果が報告されています。
長野市内の寺社でもアライグマが住んでいるそうです。
ウチの近くのお寺にもいたそうで、となりの畑の、
袋のかかっていたブドウを、夜中に全て食べてしまったそうです。
本堂では、物音がするとのことで、110番通報され逮捕されたそうです。
アライグマの身の上を心配したり、本堂が傷ついたため檀家への言い訳を考えて、
時期を待ってから話すとのことで、世話役からも、お坊さんからも口止めされていました。
ところが、京都府内の8割の寺社でアライグマの被害があるそうですから、
寺社では、極、普通のことになっているようです。
まあ、アライグマには国宝も世界遺産も関係ありませんし、もともと、
人間がペットとして、北アメリカから日本に連れて来られたのですから、
アライグマを逮捕する前に、日本に連れてきた人やペットにしていた人たちが
対策を考えて対処すべきことなのですが、ウチの近くには、大きな公園や動物園、
植物園がありますので、猫や犬の子が捨てられていたり、ウサギが捨てられていたり、
外来種のカメも度々、捨てられています。
長野県の報告を調べていませんが、奈良県森林保全課の報告では、
アライグマの捕獲数は、2007年度には、奈良県内で126匹いたそうです。
また、関西野生生物研究所によると、京都府内では調査した、
約400寺社の8割で足跡やフンなど痕跡が見つかったそうです。
これは、どこの寺社でも、アライグマが来ているということです。
アライグマは北アメリカから日本に連れてこられて繁殖しているようです。
我々雑種の猫も、たぶん、海外から連れて来られて日本で繁殖しているものと思います。
アライグマは、ちょっと乱暴のようですから、市民権は得られないようです。
困りました。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、アライグマは北アメリカから来たそうですから、
仲良くするには、英語で話しかけてみようと思います。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category