HOME ▶ サマンサ日記


猫じゃダメなの

福井県小浜市では、次期アメリカ大統領に選ばれたオバマ上院議員の名前が、
小浜市と同じ発音であることから、選挙期間中もオバマ氏を応援してきました。
まあ、政策に関係なく、発音が同じだから応援すると言うのは、
選挙の応援というのかどうか考えるところであります。
ましてや、小浜市は、日本の福井県ですから、アメリカ大統領選挙の応援をしても、
なんの得にもならないと思ったのですが、今、オバマ饅頭が人気とのことです。
この分だと、アメリカからの観光客が来るとか、来ないとか、
小浜市の観光課は、捕らぬタヌキの毛皮を数え始めたようです。
そう言えば、NHKの連続テレビ小説で、ちりとてちん をやっていたときは、
小浜市中で塗り箸を宣伝していましたが、今度は、オバマ饅頭です。
しかし、アメリカの国民にとって、金融危機や外交政策についての
見解と同じくらい知りたがっている話題があります。
オバマ次期大統領は2人の娘のために、どんな犬を飼うかだそうです。
オバマ氏は勝利演説の中で、10歳と7歳の娘に向けて、
君たちが想像できないくらい愛していると言ったそうです。
続いて、ついに、我が家にも新しい子犬がやってくることになるね、と語ったそうです。
このため、記者会見でも、7番目の質問に、どんな犬を飼うかを質問されたそうです。
オバマ次期大統領は記者のこの質問に答えて、
2つの点で調整しなければいけない。
まず、長女のマリアがアレルギーを持っているため、
アレルギーが起こりにくい犬である必要がある。
そうした犬種はたくさんいる、とした上で、
収容所にいる犬を引き取りたいというのが家族の意向だが、
そうした犬の多くは、明らかに私のような雑種だ、と
おどけて見せたと伝えられています。
ところで、オバマさん、我々のような雑種の猫ではダメですか。
アメリカから来た猫と日本の猫の雑種で、
良い子にしますし、娘さんとも仲良くしますから。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、私、サマンサの子供がホワイトハウスの芝生で
ウンチをしている光景を想像してしまいました。
ウンチとオシッコのしつけをちゃんとして、英語も教えないと。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg