HOME ▶ サマンサ日記


景気が悪いと、日本の本当の姿が見えます

毎度毎度、新聞記事で失礼致します。
猫には関係ないことですが、日本にとっては重要なことのようです。
内閣府から11月21日、2008年版、青少年白書の発表がありました。
今、若者の間で派遣や契約社員、フリーターなど非正規雇用の割合が増えているそうです。
10代後半の若者は、ここ15年間で72%に増加しているそうです。
内閣府は、この要因を、中卒や高卒の若者が正規雇用職員になれず、
非正規雇用に進むケースが増加しているため、としています。
また、総務省の就業構造基本調査によると、雇用者全体に占める、非正規雇用者の割合は、
15歳~19歳では1992年の36%から、2007年には72%になり、
20歳~24歳では、17%から43%に、それぞれ増えたそうです。
非正規雇用の比率は全年代で増えているそうで、25歳~29歳で12%から28%、
30歳~34歳での14%~26%に比べると、24歳以下の増加が最も増えているそうです。
また、このところの不況で、雇用契約を更新されなかったり、
契約途中で打ち切られたりする、派遣切りなどで失業した非正規労働者が、
10月以降、来年3月までの実施予定も含めて、
全国で3万人に達することが、11月28日、厚生労働省のまとめで分かったそうです。
厚生労働省が、全国の労働局やハローワークを通じて
企業に聞き取り調査を実施した結果、
契約切れなどで職を失った労働者は、派遣が65.8%と最も多く、
次いで期間工などの契約社員が19.2%を占めていたそうです。
失業した労働者の大半が製造業で働いていた人たちで、
都道府県別では、自動車関連のメーカーが集まる愛知県が、
4104人で飛び抜けて多く、岐阜県が1986人、栃木県が1680人、
長野県1616人、広島県が1568人と続いているそうです。
確かに長野県では、心当たりの会社がありますし、
心当たりの若者がいます。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、日本の大企業は派遣社員や期間工を雇うことで、
大きくなったり、生き延びてきたようです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category