HOME ▶ サマンサ日記


外出しないことが、感染を防ぐ一番良い方法のようです

新型インフルエンザが大発生すると、日本では17万~64万人の死者がでるそうです。
予防には、発生後、人々が外出を自粛することで、患者数を大幅に抑えることができると、国立感染症研究所の研究官が試算したそうです。
試算では、国内の新型インフルエンザ患者第1号の方が、東京の八王子市在住で、
丸の内に勤務するビジネスマン、と想定した場合、海外出張先で
新型インフルエンザに感染して帰国したが、気付かず、2日間、出勤した、と
仮定し、学校閉鎖や企業の事業縮小など、感染拡大防止策を取る場合と、
何も対策を取らない場合とで、首都圏で感染者の増加がどのように違うかを
コンピューターによるシミュレーションで比較したそうです。
まあ、国立感染症研究所の研究官は暇だ、などと言わないで、これも仕事です。
その結果、感染拡大防止策を取った場合、電車の利用など
外出者が普段の6割程度にまで、減った場合、国内第1号の患者が帰国してから
1週間後の感染者数は8154人で、何も対策を取らなかった場合は
12万6591人とのことで、15分の1に抑えられるとの結果がでたそうです。
1828年、鈴木牧之が栄村の秋山郷のことについて書いた、秋山紀行に、
秋山郷の入り口の、村の高札に、疱瘡が流行っている村からきたものは、
これより先、決して入ってはいけない、と書かれていたと書いています。
さらに、村の中で疱瘡になった場合は、里人の中から、疱瘡になって、
完治した人に介護を頼んだそうです。
180年前の秋山郷ではすでに、感染症の防ぎ方や免疫があることを知っていたようです。
新型のインフルエンザが発生すれば、免疫がないため、大流行になると考えられ、
感染拡大対策の一つに、外出制限があるそうです。
厚生労働省の、新型インフルエンザ対策ガイドラインの改定案には、
国内で患者が一人でも確認された場合、発生した都道府県単位で学校を休校にし、
コンサートなどのイベントの開催や混雑する公共交通機関の利用の自粛を
要請することを盛り込んでいるそうです。
新型インフルエンザが流行しなくても、冬の場合、
我々猫は、コタツ番の仕事を任されていますし、
わざわざ、寒いところに外出することもありません。
また、我々猫には、通勤も通学も、またまた、コンサートなど人混みに、
行くこともありませんから、新型インフルエンザの流行も無いと思います。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg