HOME ▶ サマンサ日記


人間の食糧をネズミが食べて、そのネズミを猫が食べたら

夢のような話しがあります。
最近の猫の若いモノは、ネズミの捕り方を知らないモノが増えています。
それに、ネズミの食べ方を知らないモノも多くなりました。
すべては、人間から与えられている、あの、全くマグロが入っていない、
マグロフーズで満足しているためのようです。
以前、全くマグロが入っていないと書いたら、
匂いだけは付着させている、とメーカーの人が言っていました。
この頃、我々猫にもメタボ猫という新種の体型をしたモノが目立つようになりました。
このメタボ猫の体型を改善するために、マグロフーズにオカラやフスマなどが入っている
底カロリーで植物繊維がたくさん入っている新しい、猫フーズが発売されています。
ところで、夢のような話しなのですが、イランのファルス通信が伝えるニュースによると、
イラン北東部の村、マクサンの住民がネズミとの戦争に負けて、
村ごとの移転を決めた、と伝えています。
ネズミが勢力を増やし始めたのは、2年前からとのことですが、
村民約800人も対抗して戦ったようですが、ネズミの攻撃が激しく惨敗したようです。
ネズミの生息数は伝えられていませんが、村民約800人とのことですから、
10倍の8000匹とか20倍の1万6000匹だったのでしょうか。
移転した村は約30㎞離れたところとのことです。
このような村では、村人が村を放棄すると周囲が砂漠ですから、
ネズミも食べ物を失い、生きていくことができないのです。
また、この村に我々猫が派遣されて、増えすぎたネズミを食べて、
猫が生きていけるかどうか、といわれれば人間が持ち込んだ食糧がなくなると
ネズミは生きていけませんから、猫も生きていけなくなります。
そうです、ネズミが生きていけないと猫も生きていけないのです。
このようなことがあって、猫は人間のペットになることで、
新しい生き方を発見したのでしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、人間の食べ物を人間に分からない程度だけ、
失敬してネズミが生きていけばよかったのですが、
人間が食糧に困るほど食べてしまうと、
人間もネズミも、猫も生きていけなくなります。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg