HOME ▶ サマンサ日記


初夢ではありません

将来、ノーベル賞 と期待されている、若さのもと、と
言われる成長ホルモンの分泌を促進する魔法の物質を
国立循環器病センター研究所の所長が発見したそうです。
食欲の増進や心機能の改善など、さまざまな機能を持つホルモンで、
心不全や拒食症、がんの治療などにも効果があるということです。
今後、老化を抑える治療薬の開発にも期待されているそうで、
21世紀に、夢の薬を生み出す物質として期待されているそうです。
日本人で初めて、アメリカ科学誌が選ぶ、注目科学者の第1位に選ばれた所長は、
間違いなく、将来のノーベル賞候補、と言われています。
人体には、解明されていない機能や科学では理解できない
現象がまだまだ、数多く存在するそうですが、
この物質の研究が進んで、年を取らない薬が完成したら、
平均寿命がさらに伸びることは間違いのないことです。
ですが、またまた、長生きになると、それはそれで、困った問題が起きそうです。
そうそう、若さのもとを制御できる物質は、グレリンという名前です。
難しくて、我々猫には説明できませんが、ウィキペディアで検索してみてください。
ここです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%B3
グレリンの応用範囲は幅広く、衰弱状態の患者の心機能回復や
食欲増進などのほか、急性心筋梗塞の患者の死亡率を下げたり、
糖尿病に効くことも分かってきたそうです。
現在、有効な治療薬のない拒食症の治療薬としても臨床段階にあるそうで、
注目すべきは、体内にあるホルモンなので、副作用が少ないこと、なんだそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、誰もが長寿になると、長寿が普通のことになります。
そうなると、長生きすることが喜ばしいことかが問われることになります。
死ぬまで元気に働いている場合はよいのですが、
介護が必要になり、入院が必要になり、介護費に、医療費に、年金に、
生きていることが苦痛になることはありませんか。
長生きの薬を発明したら、さらに、生きがいを持って生活できる社会が必要になります。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg