HOME ▶ サマンサ日記


国際宇宙ステーションの日本食メニュー

もちろん、ISS、国際宇宙ステーションにはレストランはありません。
国際宇宙ステーションには、座って食事を取る場所があるのでしょうか。
以前、ニュースの映像では宇宙飛行士の皆さんが、
それぞれの場所でチューブをくわえて、食事中です、と紹介されていました。
今、国際宇宙ステーションの食事はロシアとアメリカが
提供しているそうですが、メニューは約300種類あるそうです。
宇宙飛行士が予め試食し、献立表を作って注文しているそうです。
地上と宇宙空間では、味や硬さなどの感覚が違うようですが、
水分は散らばらないように粘性を持たせてあるそうです。
日本食は、日本人飛行士の長期滞在に合わせて12ヶ月間常温保存でき、
さらに、品質が保たれるか、などの基準を設けて、宇宙日本食を募集して、
2007年に11社28品が認定されたそうです。
宇宙日本食は外国人飛行士にも人気が高いということで、サバのみそ煮、
イワシのトマト煮、などはマルハが開発し、4層構造の特殊な入れ物に入っているそうです。
サバは300℃で蒸し焼きにしたもので、魚臭さを抑えているそうです。
無重力状態では、たんぱく質やカルシウムが失われ、
骨がもろくなりやすいとのことで、骨ごと食べられる魚を選んでいるそうです。
宇宙での日本食のメニューですが、
白飯、赤飯、山菜おこわ、サケのおにぎり、白がゆ、ラーメン、トマトケチャップ、
たまごスープ、野菜ソース、トマトゼリー、ニンジンゼリー、
シーフードカレー、ビーフカレー、ポークカレー、チキンカレー、
サバのみそ煮、イワシのトマト煮、サンマのかば焼き、ようかん、黒あめ、
ミントキャンディー、わかめスープ、粉末緑茶、粉末ウーロン茶、吸い物、
などが用意されているそうです。
国際宇宙ステーションの日本食は、特に訓練の必要がなく食べられそうです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、日本酒、ビール、ワイン、それに、
枝豆に焼き鳥に、冷や奴などはメニューにはないんでしょうね。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg