HOME ▶ サマンサ日記


天然記念物の命もリサイクル

天然記念物も人間の生活に影響を及ぼすと命を狙われます。
観光資源やペットに不向きな動物は、
人間にとっては厄介者として処分されることがあります。
地球上の寿命のすべてを、人間が決めているようです。
農作物被害を防ぐために捕獲されることになった、
青森県下北半島の、北限のニホンザルの内
約20頭を、上野動物園が引き受けることになるようです。
このような場合、命のリサイクルとか再使用と言うのは
言葉としても変ですが、とりあえず、処分される命が減るようです。
天然記念物を処分するなら譲ってほしい、と救いの手を差し伸べた上野動物園は、
園内で飼育する、サルの近親交配の解消などに役立てたいとの考えのようです。
下北半島には約1700以上のニホンザルが生息しているそうで、
1970年に、国の天然記念物に指定され、特別な理由がない限り捕獲はできませんが、
農作物を食い荒らされる被害が深刻化しているそうです。
このため、青森県は、大規模な捕獲計画を文化庁に申請し、
2011年度までに270頭を捕獲することが認められたそうです。
1700以上いると思われる、北限のニホンザルの内、270頭を減らせば、
農産物への被害はなくなるのかどうかは分かりませんが、
今年も、来年も、再来年もニホンザルは増えると思います。
そもそも、北限のニホンザルは天然記念物にして欲しいと言ったのでしょうか。
被害がでたから処分すると言われても、
北限のニホンザルには発言する場所も与えられていません。
またまた、分かりませんが、動物の寿命を
人間の都合で決めることは正しいことなのでしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、他でも処分される、ニホンザルや犬なども、
医学や薬学などの研究に使われていると聞いたことがありますが、
これらも、またまた、人間の都合なのです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg