HOME ▶ サマンサ日記


長崎の猫は尾が曲がっている

科学的に、歴史的に、地理的に意味があるのかどうか分かりませんが、
猫の話題となれば、お伝えしない訳には参りません。
尾の曲がった猫は、本当に長崎に多いのか、を調べる市民レベルの
学会が長崎市に発足したそうです。
確かに、我々の住んでいる長野市田舎地区では、尾が曲がっている猫や
尾がお団子になっている猫は少ないようですが、見かけたことはあります。
沖縄や鹿児島にも尾が曲がったり、お団子になっている猫が多いと聞いたことがあります。
同学会では、市街地を歩いて、尾曲がりの猫の割合を調べる一方、
ブログを開設して、各地の尾曲がり猫の情報を集めたいとしています。
江戸時代、唯一、海外に開かれ、いろいろなものの渡来地となっていた長崎で、
分布度合いが分かれば、長崎の新たな特徴として売り出したい、と
意気込んでいるそうです。
まだまだ、調査の段階ですが、長崎県内の猫は、尾が途中で曲がったり、
切断されたように短い猫が80%を占めているそうです。
元京都大学霊長類研究所長らの調査結果では、
鹿児島、宮崎、熊本、福岡各県でも、60%から70%だったそうです。
ですが、長野市のウチの猫、9匹を調べてみましたが、1匹もいませんでした。
立派な、筋の通った尾が付いています。
尾曲がり猫は東南アジアに多く、江戸時代にオランダの貿易船が
ネズミ捕りのため船に乗せてきたものが、出島を通じて長崎で繁殖して、
さらに全国の港町に広がった、との説があるそうです。
そこで、長崎の文化として調べてみようということで、
街づくりグループの約10人が、日本『長崎ねこ』学会、として
昨年10月から活動を始めたそうです。
この学会は通称、猫さるく、さるくは、ぶらぶら歩く、と言う意味で、
猫の学会らしい名称だと思います。
学会の代表は、長崎猫の誕生には地理的、歴史的な経緯があり、
各地に繋がっていくのが面白い、と言っています。
さらに、全国から情報を集めたい、と協力を呼び掛けているそうです。
ブログは、http://plaza.rakuten.co.jp/nagasakineko/ です。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg