HOME ▶ サマンサ日記


この頃の、お父さんのお小遣い事情

不況になって、真っ先に見直しの対象となるのは、お父さんの小遣いだそうです。
調査会社か昨年の4月に行った、サラリーマンの1ヶ月の小遣いは
46,300円だったそうですが、前年2007年に比べて2,500円、下がったそうです。
平成2年のバブル時には、月に76,000円だったそうですから、
平成2年と昨年を比較すると、約4割、減っていたことになります。
それが、現在は、さらに下がったようです。
2009年になってから、サラリーマンの昼食代の平均は、570円とのことで、
770円の人がいれば、370円の人がいると考えれば良いようです。
100円寿司で、昼食を平均の570円で済ませると、一皿2貫のものを、
5皿に、無料のお茶に、無料のガリを食べたら、
カロリー計算上は、少し足らない程度ですが、一食に20皿ほど食べないと
満足しない若者には無理かも知れません。
チェーン展開している、ファミリレストランや牛丼店やカレー店、また、
うどん店で食べたり、ほかほか弁当店やコンビニエンスストアなどで弁当を購入すれば、
570円で収まりますが、ざるそばやラーメンなどを食堂で食べると
一食600円以上しますので、月平均570円を達成するのはかなり難しいようです。
一方、お父さんが、お酒を飲んで帰宅する回数は1ヶ月に4回で、
飲食費は1回当たり4,700円とのことです。
この金額の明細が分かると面白いのですが、長野市田舎地区では4000円前後です。
また、月に4回とは、週1回のペースという計算になりますが、
調査会社の資料では、未婚者は月5回、既婚者が月3回という報告になっています。
さらに、サラリーマンの小遣いの使い道は複数回答で、1位が昼食代で48.0%、
2位が趣味の費用で42.0%、3位がたばこなどで32.2%、
4位は飲食費で28.8%、5位が雑誌や書籍代で25.8%という結果になっていました。
世の中の不況はまだまだ、始まったばかりと考えた方が良いと思いますので、
お父さんの苦悩はこれからのようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、お父さんの苦悩は、今後、外食産業に、趣味の費用に、たばこ代に、
飲食費に、と連鎖反応していくものと思われます。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category