HOME ▶ サマンサ日記


期待しています

経済産業省は、太陽光発電の利用を促進するため、
一般家庭などから出る、太陽光発電による余剰電力を10年間、
電力会社に通常の2倍の価格で、買い取らせる新制度を導入すると発表しました。
この制度は、遅くとも2010年度までに実施するそうですが、
確かドイツでは、すでに何年も前から高い価格で買い取りを実施しています。
現在の買い取り価格は、1kw/h当たり23円程度とのことですが、
これを50円前後に引き上げるそうです。
これに伴う電力会社の経費増加分は、利用者全体で負担することになるそうです。
これにより、一般家庭では月額、数10円から100円程度の値上げになるそうです。
ですが、太陽光発電装置に投資する、400万円から500万円を
10年間で回収するには、年間50万円で、月々、
4万2000円ほどで電力が売れれば良いのですが、
この金額を買い取り価格の50円で割ると、
840kwの電力を売る必用があります。
家庭用に設置されている太陽光発電装置は、4kw/h程度のものですから、
一日の内で、強く太陽光が当たっている、4、5時間に得られる電力は、
最大でも20kw/h程度と思われますので、毎日毎日、晴れの日が続いても
600kw/hと言うことになります。
600kw/hの電力を50円で売ると3万円と言うことになりますが、
雨の日も、くもりの日もありますので、計算のように上手くはいかないと思います。
ですが、自宅で発電した電力を、自分でも使えるわけですし、
投資金額の全てを、電力を売って回収する必要はないと思います。
なにより、地球温暖化防止に繋がることですから、
皆さんの太陽光発電装置の導入に期待したいと思います。
これは、日本政府としては画期的な新制度を打ち出したと言うことになります。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、この新制度により、駆動率の落ちている、原子力発電所の電力を
補えるまでになると、さらにすごい制度と言うことになるのですが、
期待して見守りたいと思います。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg