HOME ▶ サマンサ日記


我々ペットのことなのに、知らないことがあります

ペットフードメーカーなどが加盟している、ペットフード工業会が発表した、
平成20年度、全国犬猫飼育率の調査報告によると、
飼育世帯率から推計される飼育数は、
犬が1310万1000匹で、猫は1373万8000匹となり、
犬と猫の合計は、2683万9000匹飼われているそうです。
これを、平成19年度と比較すると約130万匹増えていることが分かったそうです。
調査は平成19年10月に、全国の16歳から69歳の人で、2人以上の世帯の女性と、
単身者の男女の合計、4318人の回答を基に推計したそうです。
何故、この人たちの回答を基にしたのかは書かれていませんが、
猫の飼育数が増加しているそうです。
平成6年度と比べると犬の飼育数は約1.4倍とのことですが、猫は約1.8倍となり、
猫の平均飼育数は1.84匹で、犬の平均飼育数は1.39匹となっていて、
複数飼育している家庭が多いことが分かったそうです。
それに、ペットの高齢化、老齢化が進んでいるそうです。
知らなかったのですが、犬や猫は7歳以上が高齢とされているそうです。
ペットの高齢化率は、犬が全体の55.3%、猫は47.4%で、
高齢化したペットの内、約3割の犬や猫が、10歳以上とのことで、
これは、後期高齢ペットと言うことになるのでしょうか。
ペットフード工業会では、ペットフードを購入する際は、
体調や年齢に合わせて購入して欲しいと言っています。
また、ペットにとっても、人間にとっても重大なことなのですが、
平成18年度以降は、15歳未満の人間の子供より、犬猫の飼育数の方が多くなったそうです。
ペットフーズ工業会では、我々ペットの飼育数が増え続ける理由は、
飼育可能な住居環境が整備されたことと、少子化でペットが子供と同じように
扱われるようになったためと言っています。
さらに、ペットと暮らすことによる精神的効果が広がった、ことなどを挙げています。
まあ、精神的効果とは、なんなのかが分かりませんが、
我々ペットが生き伸びる戦略の中に追加しておきます。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、私、サマンサも高齢化ペットになっていました。
先日まで、子猫サマンサ、と呼ばれていたのが嘘のようです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category