HOME ▶ サマンサ日記


またまた、日本政府は無計画です 

厚生労働省は2009年度から、100歳の誕生日を迎える高齢者に贈る
銀杯のサイズを一回り小さくするそうです。
100歳になるお年寄りが増えて、限られた予算で数量を確保するためとのことです。
まあ、100歳になったら、総理から銀杯を頂けることを知らなかったのですが、
100歳のお祝いの銀杯が、一回り小さくなると嬉しさも減りそうです。
始から、銀杯を頂けるという、お祝いが無ければ、
特にショックは受けなかったと思うのですが、銀杯は各年度内に、
100歳になる方に対して、総理から贈呈されるものだそうで、
表に寿、裏に内閣総理大臣などと刻印されているそうです。
今までは、直径約10.5㎝だったそうですが、来年度からは約9㎝に
縮小する方針とのことで、さらに、厚みなどの仕様変更を検討しているそうです。
仕様変更を厚生労働省で検討しているとのことですが、
さすがに、安くする方法を検討している、とは、言わなかったようです。
ところで、この銀杯の単価は銀の相場によっても異なるそうですが、
桐の箱などを含めて、7000円から8000円とのことで、
仕様変更により、単価の引き下げを図るそうです。
とにかく、長生きの人が増えて対象者が急増しているとのことです。
この銀杯の贈呈は、1963年度には、153人だったそうですが、
1986年度には、1000人になり、2002年度には、10000人を突破して、
2008年度には1万9768人になったそうです。
このため、費用が約1億4000万円に達すると見られているそうです。
さらに、2009年度は、20000人を超える見通しとのことです。
確かに、100歳の人がこれだけ増えると、日本国政府も大変です。
調べもしないで失礼な発言を致しました、済みませんでした。
ところで、この銀杯も日本政府が時々使う、
気持ちだけと言うことにしては如何ですか。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、銀杯の裏側には、内閣総理大臣と彫刻されているようですが、
総理の名前は彫刻されていないようですから、
数年分を発注して価格を下げることも可能と思われます。
また、日本政府や日本企業が得意な、プラスチックにメッキということも可能です。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg