HOME ▶ サマンサ日記


さくらの開花が早くなります

積雪が残る地域では、春は、特に桜の開花は待ち遠しいものです。
さらに、地球温暖化が進むと、桜の開花日が今世紀末には、
最大で4週間近く早まることが九州大学の研究者らの分析で分かったそうです。
今後、桜の開花は北日本では早まるそうですが、房総半島や伊豆半島や
南九州などでは開花日が遅れたり、開花しない地域もでてくるそうです。
この論文は、日本農業気象学会で発表されるそうです。
ソメイヨシノは九州から北海道南部にかけて分布しています。
ソメイヨシノには、冬期間に、高くても10℃以下の寒気に、
約60日間以上さらされることで、眠りから覚める、休眠打破と
呼ばれる現象が起き、春先の気温の上昇で開花を促して、
花開くメカニズムがあるそうです。
研究者らは、九州から本州の2082年から2100年の年平均気温が現在より、
2.5℃から3℃上昇する想定で計算し、予測期間の100年前に当たる
1982年から2000年の開花日の平均値を比べた結果、
東北地方の内陸部や山沿いでは、20日から24日前後、開花が早まり、
全国的にも4日以上、早まる地点が多いことが分かったそうです。
このソメイヨシノの開花日の予測は、エゾヤマザクラが主の北海道と
ソメイヨシノが開花しない沖縄県は分析対象から除いたそうです。
この予測が当たると、青森市の開花は現在の平年値、4月26日より
最大20日早く4月上旬になり、山形市は24日早く3月下旬となるそうです。
また、熊本市では3月24日に早まる計算になるそうです。
関東から九州にかけての太平洋側の多くの地点では、現在と変わらないそうですが、
冬の気温が上昇して、休眠打破が十分でなくなることから、一部地域で
4日から8日前後、遅れたり、種子島や屋久島では、12日以上遅れると予測しています。
さらに、南九州の一部の30地域では満開にならない年もあるそうですし、
5地域では、全く開花しなくなると予測しています。
地球温暖化により、桜が早く咲くこと、ただただ、喜んでばかりはいられないようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category