HOME ▶ サマンサ日記


小さいですが期待しています 

イモを食べるとガスがでるのは何故ですか。
イモが体の中で、どのように変化してガスになるのかは猫の私には分かりません。
この原料がイモで、体の中で作られた、ガスに火を点けると燃えるそうですが、
火が苦手な猫には、恐くて実験をしたことはありません。
たぶん、ガスに点火したら、自慢の毛皮にも火が点くのではないかと心配しています。
食べ物によって、ガスの量が多いものと、少ないものがあるのも面白いです。
体の中でできるガスは、化学プラントや電気も使わないで、
動物の体の中で、エネルギーができるのですから、
少々効率が悪くても、臭いを伴っても、それは我慢しましょう。
水を分解する細菌の研究が進んでいるそうですが、
電気を使わないで、水を分解できるとクリーンなエネルギーができます。
それにしても、ジャガイモより、サツマイモの方が、ガスの量が多いのですが、
もっとたくさんのガスがでる、イモの品種改良も考えると楽しいと思います。
アメリカマサチューセッツ工科大学の研究者らが、
遺伝子操作したウイルスを使った電池を開発したそうです。
レモンやリンゴに電極を付けた電池を実験したことがありますが、
ウイルスを使った電池は始めて聞きましたので、今後、勉強したいと思います。
使用するウイルスは一般的な、細菌のようで感染しても害はないそうです。
ウイルス電池の研究が進んで、家庭電化製品がウイルスで動くと楽しくなります。
そうなると、我々はウイルスの、ご機嫌を伺いながら電気を使うことになります。
今からウイルスに嫌われないような行動を取りたいと思います。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、美味しいものを作るウイルスやエネルギーを作るウイルス、
これは前からいましたが、汚物を分解してくれるウイルス、
薬を作ってくれるウイルスなど、いろいろなウイルスが発見されています。
小さいですが期待できます。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg