HOME ▶ サマンサ日記


人間は退化しているようです

人間も我々猫も、事故などで手足や指を失ってしまうと、
再生しませんが、傷口が固まったり、皮膚や爪は再生するようです。
また、内蔵も再生する部分と、しない部分があるようですが、
詳しいことは、猫の私には分かりません。
姫路市立水族館で、約20年間飼育されている、
国の特別天然記念物、オオサンショウウオの足の指が、
約15年かかって再生したことが確認されたそうです。
同じ両生類のイモリには指の再生報告があるそうですが、
オオサンショウウオでは初めてとのことです。
再生が確認されたのは、1987年に姫路市立水族館で
人工孵化した個体で、5歳のときに、
水槽内で仲間との喧嘩の際、右前肢上腕骨の先を食いちぎられたそうです。
その後、ちぎれた足の先に4本の指が形成され、
外見的な再生は確認されていたそうですが、レントゲン検査で、
4本の指の骨が確認され、完全に再生されたことが分かったそうです。
オオサンショウウオの生態に関しては不明な点が多いそうですが、
自然界では欠損した指の再生を確認されたことはないそうです。
飼育下での長期観察で、オオサンショウウオの指の再生過程を
確認出来た貴重なデータとのことです。
これにより、オオサンショウウオは、時間がかかったが、
エサなどの条件さえよければ
欠損した指が完全に再生されることがわかったそうです。
ところで、人間の再生医療も進んでいるそうですが、人間自身の能力で
失ったパーツが再生することには限界があるようです。
両生類には再生能力に優れたものがいるようですから、
体の構造や能力を勉強させて頂いては如何でしょうか。
いやいや、京都大学のiPSが遅いと言っているわけではありません。
引き続き宜しくお願い致します。
命をかけてお待ちしている方もいらっしゃいます。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、脳などが早く進化した動物は、体の再生能力は退化してしまうのでしょうか。
脳が進化した人は、体の再生が遅いのでしょうか。
知り合いに、勉強は苦手なのですが、怪我をしてもすぐに治る人がいます。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg