HOME ▶ サマンサ日記


宇宙人は、近くにいます

宇宙人は、何語を話しているのですか、呼吸の方法は、何を食べているの、
体の形は、顔付きは、住んでいる場所は、知りたいことがたくさんあります。
アメリカ航空宇宙局の元宇宙飛行士、エドガーミッチェルさんが、
メリーランド州で開かれた、UFOマニアの祭典、Xカンファレンスで、
地球外生命体は存在する、と断言したそうです。
ミッチェルさんは1971年に、アポロ14号で月に着陸した宇宙飛行士で、
Xカンファレンス後の記者会見で、アメリカ政府などは事実を隠していると主張し、
宇宙にいるのは我々だけではない、と語ったそうです。
自分たちの地球を超えて、太陽系を超えて、外の世界の現実を
見なければならない、と熱弁をふるったそうです。
また、ミッチェルさんが育った、ニューメキシコ州ロズウェルは、
1947年にUFOが墜落したとの説が伝わる場所で、住民はアメリカ軍当局から、
見聞きしたことを話してはならない、と口止めされ、もし話せば、
恐ろしい結果を招く、と警告されているとミッチェルさんは言ったそうです。
さらに、住民は秘密を抱えたまま、死にたくないと考え、
打ち明けられる相手を探していたそうです。
ミッチェルさんが地元出身で、月に行った人間であることから、
信頼できると考えて、その話を打ち明けてくれたそうです。
NASAの広報は、NASAはUFOの追跡は行っていないし、
当惑星においても、別の場所においても、地球外生命体について、
一切隠し事はしていない、と話したそうですが、
地球でも、毎年、新しい生物が発見されていますし、
何処かに地球外生命体がいても不思議なことはありません。
肉眼でも、顕微鏡でも、望遠鏡でも、見えない宇宙人がいるかも知れません。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、私、先日、お花見で宴会をしている人の中に、宇宙人がいるのを見ました。
ここだけの話ですが、ウチのおじさんも本当は宇宙人かも知れません。
風に乗って降ってくる、さくらの花びらを、お酒の入ったコップで受け止め、
さらに、お酒を注いで、知り合いのおじさんと
宇宙語で話しをしては、コップを空にしていました。
そう言えば、昨年のお花見の時も違うおじさんと宇宙語で話しをしていました。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg