HOME ▶ サマンサ日記


子供は子ども

生まれつき子宮がない娘の代わりに、実母が代理出産した、
孫と、娘夫婦との間で、特別養子縁組が成立したそうです。
まあ、法律的には難しいようですが、生物的には、
難しい問題はありませんので、当然のことと思います。
国内で行われた代理出産で、戸籍上の実子と同様に扱われる
特別養子縁組が裁判所で認められたのは初めてとのことで、
代理出産を実施した、諏訪マタニティークリニック医院長が、
脳死、生命倫理及び臓器移植調査会で明らかにしたそうです。
娘夫婦の体外受精卵を50歳代の実母の子宮に移植し、昨年2月に出産したそうです。
今の民法では、出産した女性が生まれた子どもの母親とされるため、
男児は実母の実子として出生届が提出され、その後、実母と娘夫婦が
特別養子縁組を希望し、家庭裁判所に申請し、家族関係や生活実態などの調査を経て、
裁判所は今年1月頃、特別養子縁組を認めたそうです。
同医院では、今回、実子としての扱いに近い特別養子が認められたのはよかった。
将来は、最初から実子と認める法律ができて欲しい、と話しているそうです。
一方、イギリスのインデペンデント紙は1面トップで、
アメリカ人医師が14個の人間のクローン胚を作ることに成功し、
この内11個を4人の女性の子宮に移植し、近くクローン人間が
誕生する可能性がでてきたと伝えています。
同紙が、キプロス生まれでアメリカ国籍のザボス医師の話として
伝えたところによると、女性はイギリスやアメリカなどの出身で、
いずれも同医師に不妊治療の相談に訪れていたそうで、
まだ、妊娠は確認されていないそうですが、医師は同紙に対し、
クローン人間誕生の第1章が開かれた、いずれ、
クローン人間は生まれる、と答えたそうです。
まあ、ペットや家畜では、すでにクローンが誕生していますし、
家畜の世界では、代理出産が産業になっていますから、
技術的には、それほど難しい、問題はないようですが、
クローン人間が誕生するまでには、難しい法律の壁を越える必要があります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category