HOME ▶ サマンサ日記


肥満は地球に優しくない

昨日のサマンサ日記で、痩せるのは、太るより危険、と言うのを書いたのですが、
太っている人は地球環境に優しくないそうです。
人に言われなくても、肥満の人は、何となく分かっていると思います。
痩せている人よりも、太っている人の方が、たくさん空気を吸い込んで、
炭酸ガスをたくさんだすと思います。
たぶん、太っている人は、食べ物もたくさん食べると思いますし、
排泄物もたくさんすると思います。
スリムな体型を維持すれば、地球温暖化を食い止められる、という研究結果を、
ロンドン大学、公衆衛生学、熱帯医学大学院の研究チームが発表したそうです。
研究によると、肥満の指標となる体格指数について、
イギリスの1970年代の統計と2010年の予想値を比較して、
肥満の人が人口に占める割合は、
1970年代の3.55%から、2010年には40%に増えると予測しています。 
肥満人口が40%になった場合、必要な食物エネルギーは、3.5%の人が肥満の場合と
比べると19%増えるそうです。
食物消費量が19%増えると地球温暖化ガスの排出量は、2億7000万tになるそうです。
実はこの数値をいろいろな角度から、計算して見ましたが
猫の私には計算出来ませんでした。計算方法をどなたか教えてください。
今、世界中で肥満の大人が約3億人いるそうで、さらに、太りすぎの大人の
人口は10億人に上り、中国、ヨーロッパ、アメリカなどで体格指数も
さらに上昇しているそうです。
当然、体重の重い人が動くには、軽い人が動くよりも、
より多くのエネルギーを消費します。
また、車などで移動してもエネルギー消費量は増えます。
このため、温室効果ガスの排出量が多くなる、と研究チームは指摘しています。
自分のためにも地球のためにも、スリムな体型を維持した方が良い、とのことです。
肥満の人は地球環境に優しくないそうです。
最近、喫煙者が嫌われていますが、肥満の人も嫌われ時代が来たようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg