HOME ▶ サマンサ日記


人が出来る仕事をするのではなく、人が出来ない仕事をする

2009年版障害者白書を閣議決定したそうです。
障害者白書に盛られた内閣府の調査結果では、障害者が日ごろ差別を感じる
事例として、雇用・就業が最も多かったそうです。
就職に際してハードルが高く、また、ハードルの数が多い障害者が、
景気の悪化で不安感を強めているようです。
政府は、障害者差別を防止するため、何が差別に当たるかを
明確にする方針とのことで、内閣府が今年1~3月に障害者5071人を対象に
アンケート調査を行い、1654人から4383項目に付いての回答を得たそうです。
障害者が最も差別を感じるのは、採用の拒否や制限、職場での差別的な言動など、
雇用や就業分野が最も多く、1012事例あったそうです。
続いて重度の障害を理由にサービスの利用を拒否されたり、制限されるなど
福祉分野が726事例、治療や入院の拒否や制限など、
保健・医療分野が565事例だったそうです。
今、コンピューターのソフトには、視覚障害の方が
操作したキーボードに応じて音声で表示するものがありますし、
点字が付いているキーボードもあります。
また、聴覚障害の方にはスピーカーからの音を、
そのまま体に振動として伝える方法があります。
歩行障害の方には車椅子の利用が当たり前になっていますが、
歩行障害の方には、出社しなくてもインターネットを通じて
仕事が出来る方法も考えられます。
車や食品の品質のチェックを、インターネットを用いてカメラで
確認する方法を採用している会社もあります。 
障害者は自分で好んでなったわけではありませんから、
普通の仕事に就ける方法を個人個人のレベルで考えるべきです。
雇用する会社自身も将来が見えない不況に左右されていますから、
障害者を雇う法律を作ったり、企業に強請しても難しい問題なのです。
皆さんで、障害者の仕事が出来る環境や職場を考えましょう。
国もただただ、お金を出すから雇用して欲しいではなく、
仕事が出来る環境を作るための費用の検討をお願いします。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、障害者も、人が出来る仕事をするのではなく、
人が出来ない仕事をすることを考えましょう。
お手伝いします。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category