HOME ▶ サマンサ日記


ダイヤモンドが無料です、2報

日本の姿が見えました。やはり、これが本当の日本なのだと思います。
銀座の宝石店、モーブッサンが先着5000人に、0.1カラットのダイヤモンドの
裸石1個、5000円相当を無料配布した件で、銀座から新橋間の往復、
約2㎞の大行列ができたそうです。
配布方法や列の割り込みなどを巡って、現場では怒号やヤジが、飛び交う
混乱状態となり、悲喜こもごものドラマが展開された、と
ニュースは伝えています。
さらに、銀座からスタートした欲望という名の行列は、銀座4丁目から
新橋を折り返し数寄屋橋まで戻ってきた、とも伝えています。
総距離にして約2.2㎞、ダイヤモンドの無料配布を求める人の輪が
銀座のド真ん中に描かれた、と伝えているマスコミもあります。
また、一番乗りは、前日の正午から21時間、雨の中を徹夜で待ち続けた
無職の32歳で、NO1と記された整理券を誇らしげに掲げ、
第1号ダイヤモンドを手にした、とも報じられています。
行列の中には、移動費の方が高くつくにもかかわらず、関西から
上京した強者や、婚約指輪に仕立てると言う男性も登場し、報道陣も
33社、約100人が駆け付け、宝石店、モーブッサンは一気に知名度を上げたそうです。
モーブッサンでは、3000万円、ダイヤモンド代2500万円+警備費などの
費用がかかったそうですが、1億円の利益を見込んでいる、とのことでした。
さらに、今後の業績も急成長するでしょう、と、満足そうな笑顔を見せていたそうです。
報道各社によって金額が違うのですが、無料のダイヤモンドを加工して、
指輪にすると、50000円、また、ネックレスにすると、
70000円の費用がかかるそうです。
5000円のダイヤモンドも身に着けられるようにするためには、
まだまだ、費用がかかるようです。
もちろん、猫には分からないことなのですが、
ダイヤモンドの価値観がさらに、分からなくなってしまいました。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、この宝石店では、新しいダイヤモンドの使い方を考えたようです。
それに、ダイヤモンドを身に着けるためには、
ダイヤモンドに負けない輝きも必要のようです。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg