HOME ▶ サマンサ日記


誰かが始めないと生き残れません

バイオエタノールの製造販売は採算を無視して開始しても長続きしないのですが、
将来のことを考えると、誰かが始めないといけない事なのです。
現在、バイオエタノールの製造方法には、いろいろな方法があり、また、
いろいろな原料があり、いろいろな研究が進められています。
数年前から、政府系の研究費も各種でていますし、地方自治体と大学の共同研究の
形態をとっているところが多いのですが、未だに、よい報告がありません。
某町と某大学の共同研究では、町の要らなくなった小学校跡地を利用して、
木造建築の廃材や稲藁や果実の剪定した枝などを原料にして、
バイオエタノールを製造するとの発想なのですが、町では、市の職員を数人派遣して、
研究にあたり、また、町で要らなくなった小学校跡地の再利用を兼ねて、
話しは進んだのですが、肝心なバイオエタノールの製造は、まだまだ、
先の話しのようで、着工したときの元気は何処かに行ってしまったようです。
また、最近になって、天然ガスなど化石燃料の調査技術が良くなり、ロシアの
埋蔵量が増えたため、バイオエタノールの研究に使われる研究費も
大幅に削減されているようです。
このような中で、新日本石油は、関東1都6県のガソリンスタンド、計861ヶ所で、
バイオエタノールを混ぜた、バイオガソリンの販売を始めたそうです。
温室効果ガスの排出削減に向けた取り組みが目的で、
バイオガソリンを大規模に販売するのは新日本石油が初めてとのことです。
さらに、新日本石油では来年度以降、全国へ店舗を広げて発売するとのことです。
バイオエタノールをレギュラーガソリンに、1~8%混ぜたものを
レギラーガソリンと同じ価格で販売しているそうです。
石油業界では今年度中に、バイオガソリンを20万kℓ販売する計画とのことです。
新日本石油では、4.7万kℓの販売を目指しているそうで、
二酸化炭素の排出量を年間約3万t減らすとのことです。
石油業界では、今後、さらに、増えてくるハイブリット車や電気自動車への
対応も検討事項にあると思いますが、石油業界の生き残り作戦でもあります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg