HOME ▶ サマンサ日記


笑っちゃいます

ゴリラも、くすぐられると笑うそうです。
我々猫は笑いを顔で表現できませんので、美味しいものをもらったり、
気分がよいときには、喉をゴロゴロならしたり、手や足で引っ掻いたり、
頭をすり寄せたり、また、しっぽを振って、嬉しさを表現しています。
子猫の場合は、体全体でじゃれたりして、嬉しさを表現しますが、
私のように歳をとると名前を呼ばれても、全身で応えるのは面倒になりできません。
代わりに、しっぽの先だけを振って応えています。
ところで、嬉しいときに笑顔になるのは、人間だけだと思われていましたが、
ゴリラやチンパンジー、ボノボ、オランウータンも、くすぐられると笑うそうです。
まあ、人間ほどはっきり笑ったとは分からないようです。
日光猿軍団のショーを見に行ったときに100円を入れたおひねりを
投げたら、猿は笑いましたが、調教師のおじさんは、
1000円入りのおひねりを投げたときに、ようやく笑いました。
人間の凄いところは、可笑しくなくても、嬉しくなくても、
楽しくなくても、笑うことができることです。
人間は、鼻で笑うとか、顔で笑うとか、目で笑うとか、本当に嬉しくなくても
笑うことができる動物で、人間だけの特殊技能のようです。
人間と類人猿の共通の祖先は1000万年~1600万年前から、すでに、
笑う能力を持っていたことが分かったそうです。
それに、人間は笑う能力を独自に進化させたのではなく、
祖先からの遺伝として受け継いできたものだそうです。
人間の笑いは歴史が長いのです。
ポーツマス大学の霊長類学の研究チームは、類人猿の赤ん坊と若者の類人猿と、
人間の赤ん坊を研究対象にして、首や足、手のひら、脇の下をくすぐって、
さまざまな笑い声を収録したそうです。
その結果によると、類人猿と人間の赤ちゃんの笑いは非常によく似ているそうです。
笑いが遺伝だと言われると、自分の親も、また、その親も、さらに、その親も
笑っていたと思うと楽しくなって、笑っちゃいます。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg