HOME ▶ サマンサ日記


来年度から、学生募集を停止します

大学の名前をだせないことも、大学に電話をかけて聞けないこともあります。
大学に電話をかけて聞きたいことが、テレビのニュースや新聞にでていると
話題にして取り上げても、お叱りを受けることも無いと思いますし、
ペットの猫の私が責任を取ることもないと思われます。
数年前からうわさは、度々ありましたが、いよいよ、志願者が減少して、
私立大学の3校が来年度から学生募集を停止するそうです。
三重県松阪市の三重中京大学、兵庫県明石市の神戸ファッション造形大学、
兵庫県尼崎市の聖トマス大学が2010年度からの募集停止を決定したそうです。
学生獲得競争の激化により、今後、地方の小規模校などで淘汰の動きが広がりそうです。
学生募集の停止を決めた3大学は、いずれも学部が1つの単科大学で、
三重中京大学は、地元に大学が欲しいという自治体からの要望を受けて、
1982年に開校したそうですが、2009年度の入学者は、定員200人に対して
155人の入学者で、少子化傾向に加えて都会の有名大学に人気が集中し、
志願者の回復は見込めないと判断したようです。
また、神戸ファッション造形大学、聖トマス大学も、入学者はそれぞれ35人、定員100人、110人、250人で、当然ですが3大学とも1年生が卒業する、2012年度までは、
運営を継続するそうです。
卒業したら、母校が無くなってしまうのは、どんな気分なのでしょうか。
大学を開設するときは、地元の自治体が指導して、学生さん用のアパートや
コンビニやスーパー、書店、飲食店、駐車場などを新設したり、整備した
経緯があるそうで、地元では今後の対策を検討しているそうですが、
大学中心に都市計画が進んでいて、その大学が無くなるのですから大変なことです。
自治体では、大学ができると学生さんが、お金を落としてくれると言う
考えの方があったようで、大学を受験する年齢の人が多くなるから、
大学を新設する、と言う安易な考え方で大学を誘致したようです。
地元の自治体では少子化が、これほど早く進むとは考えていなかったと言っていますが、
大学を受験する子どもさんは、18年前に誕生しているのですから、
20年近く、なにも考えていなかったのでしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、学生募集の停止を発表した3大学は、将来の見通しを早く判断した方だと思います。
今、分かっていても、発表出来ないでいる私立大学がたくさんあります。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg