HOME ▶ サマンサ日記


三菱の電気自動車は期待はずれ

三菱自動車から日本で初めての量産型電気自動車を発売する、と発表がありました。
この電気自動車は7月から、459万9000円で発売されるそうです。
最高時速130㎞/h、フル充電で160㎞、走れるそうです。
性能はまあまあ、満足なのですが、高い価格設定にがっかりしました。
誰が考えても、売れなくても良い、と言っている価格設定です。
今年になって、ホンダが新型インサイトを189万で販売を始めました。
発売時には、ホンダの熱意が伝わってきました。
新型のプリウスを200万円台で販売予定だったトヨタも、
ホンダに刺激されて価格を下げました。
誰もが、ホンダやトヨタの動きに、今後、ハイブリッド車が主流になると思われたのです。
ところが、三菱自動車から量産型電気自動車が発売されると言うニュースに
三菱のやる気を感じたのですが、459万9000円にはがっかりしました。
海外では、電気自動車の価格を200万円台に設定しています。
また、電気自動車は、今までのエンジン車や、ハイブリット車に比べると
構造が簡単で、低価格にする要素がたくさんあると思うのですが、間違いでしょうか。
それに、電気自動車は電気製品ですから、これからは、家庭電化製品になり、
売り場も自動車屋さんから、電気屋さんに変わっていくものと考えていたのです。
もちろん、製造も自動車屋さんだけでなく、電気屋さんも、バッテリー屋さんも、
タイヤ屋さんも、モーター屋さんも、太陽電池屋さんも参入してくると思います。
ひょっとしたら、バッテリー屋さんの関係の化学屋さんも、参入してきます。
間違いなく、電気自動車が地球を走り回ると環境問題は一気に解決します。
低価格の電気自動車の開発が待たれます。
電気自動車を発売した、三菱自動車や富士重工の価格設定は、
これらの会社の未来も日本の未来も見えてきません。
これって言い過ぎですか、まあ、猫の言うことですから、
関係各社の皆さん支障があったら、ごめんなさい。
でも、結果は数年後に分かります。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg