HOME ▶ サマンサ日記


長寿の里は食べ物が少なかった

長野県は長寿県と言われていたことがあったようです。
長寿の里、と呼ばれていた町や村や地域があったようです。
今も山沿いの道路で古ぼけた、長寿の里、の看板を見ることがあります。
その長寿の里が、どのような基準で言われていたのかは分かりませんが、
町から離れた山の中の村や集落に多かったようです。
カロリーの摂取量を大幅に減らすと、癌や心疾患や糖尿病など加齢に伴う病気の
発症を抑えられることが、アカゲザルを使った、20年間の追跡調査で分かったそうです。
霊長類で、こうした効果が実証されたのは初めてとのことで、
アメリカウィスコンシン大学などの研究チームが、サイエンスに発表したそうです。
研究チームは、7歳から14歳の大人のアカゲザルを30頭使って、
1989年に研究を始め、1994年には、46頭を追加して研究されたそうです。
先ず、二つのグループに分けて、一方のグループはカロリー摂取量を30%減らして、
血圧や心電図、ホルモン量などを測定し、死亡した場合には、
解剖により死因を詳しく調べたそうです。
カロリーを制限しなかったグループでは、5匹が糖尿病を発症し、
11匹が予備軍と診断されたそうですが、カロリー制限をしたグループでは
兆候も見られなかったそうで、癌と心疾患の発症も約50%減少していたそうです。
さらに、脳は加齢とともに、萎縮することが知られているそうですが、
カロリー制限したグループには、運動や記憶などを司る部分の萎縮が少なかったそうです。
このアカゲザルの研究では運動量などの違いによるものは記載されていませんが、 
長寿の里を考えると、山中で車の使用量が少なく、耕作面積も少なく、
美味しい物が採れない場所だったように思えるのです。
ですが、最近、食糧は栽培しなくても買えますし、移動も歩かなくても、
車が使えるようになりましたので、長寿の里も減ってきたのでしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category