HOME ▶ サマンサ日記


ペットボトルの水のこと

ペットボトル入りの水をメニューから排除したり、
非買運動をしている環境先進国があります。
ペットボトル入りの水に対する批判や議論が起きているのです。
2007年の夏には、ニューヨーク市で水道水を飲もう、というキャンペーンが行われ、
多くのレストランが、これに賛同してペットボトル入りの水の提供を廃止したそうです。
ペットボトルの水を飲んでいる人は、環境のこと考えてない人に
見られるようになってきて、水道水を飲む人は環境のことを
考えている人と見られるようになってきたようです。
前々から、ペットボトル入りの水と水道水は美味しさも安全性も変わりがない、と
いう議論があり、美味しい水の根拠が市民の大きな関心事になっていました。
また、ペットボトルの有害性も叫ばれていて、水道水と変わらない
ペットボトル入りの水を飲むことが、良いのか、悪いのかの議論に加え、 
人体にも環境にも有害なペットボトルに入れて売ったり、買ったりすること、
さらには、美味しい水だからと宣伝して海外から大量のエネルギーを使って
輸入する必要があるのかどうかも問われるようになってきました。
フランスやスイスやアイスランドの水をアメリカや日本まで運ぶ際に排出する
炭酸ガスが地球温暖化を進めていることにも議論が白熱しているのです。
また、国内でも美味しい水を求めて、数百㎞離れた場所まで乗用車で移動して、
20ℓ入りのタンク、20本を毎週運んでいる人も多いそうです。
ウチでも、戸隠の水をペットボトルに入れて運んできて使っていますが、
冷たいこと以外は、水質検査のデータも変わりがありませんが、
戸隠の水と言うだけで、美味しい気分になって飲んでいます。
そう、あくまで美味しい気分なのです。
現在、流通しているペットボトル水の25%から40%は水道水をそのまま
ペットボトルに詰め込んでいるという調査結果もあるようです。
流通しているペットボトルで、リサイクルされているものは全体の20%以下とのことです。
シカゴ市では、2008年からペットボトルの水に水税を導入し、ペットボトル入りの水に
対し、1本に付き5セントの税金がかけられているそうです。
飲める品質の水道水であれば、ペットボトル入りの水を買う必要はないのです。
今は、何処の市町村でも安全で美味しい水道水を提供しています。
ただ、美味しい○○の水と言われると買いたくなるのも事実です。
ペットボトル入りの水、まだまだ、考えなければいけないことがたくさんあるようです。
ではまた、広報担当サマンサでした。
追伸、知り合いが、長野市から軽トラックで、20ℓ入りのタンク20本を載せて、
富山県の美味しい水を汲みに行った返りに、積載オーバーで捕まったそうです。
粉ジュースとか粉醤油とか粉のお酒の研究をしている人がいましたが、
粉なの水を研究している人はいないようです。
温泉の素と言うものはありますが、美味しい飲み水のもとは聞いたことがありません。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg